体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

元ソフトウェア開発者のSF作家、藤井太洋さんに聞いた《前編》──未来を想像する方法とは

元ソフトウェア開発者のSF小説家、藤井太洋さんに会えた!

現在、私たちの周りには、人工知能、ブロックチェーン 、自動運転、ドローンや量子コンピューターなど、未来に大きな変化を起こすであろうテクノロジーが数多くあります。

これらの技術がより進化したときに、「どのような世界であるべきか」「どのような人間像を描くことができるか」ということを想像する力が、エンジニアに求められています。

今回は、現在のテクノロジーや近未来を鮮やかに描く作品を執筆するSF作家の藤井太洋さんにお話を聞いていきたいと思います。

SF作家 藤井 太洋さん
1971年、奄美大島生まれ。2012年に電子書籍によるセルフ・パブリッシングで『Gene Mapper -core-』を発表し、Amazon.co.jpの「2012年Kindle本・年間ランキング小説・文芸部門」で1位を獲得。2013年4月に、9年勤務したソフトハウスを退職。『Gene Mapper -full build-』が早川書房から出版され単行本デビュー。2015年、『オービタル・クラウド』が「ベストSF2014[国内篇]」第1位、『オービタル・クラウド』で第35回日本SF大賞を受賞(同時受賞に長谷敏司『My Humanity』)、第46回星雲賞(日本部門)を受賞。第18代日本SF作家クラブ会長。


いきなりですが、藤井さんのファンなのでずっとお会いしたかったんです。


それは光栄です。ありがとうございます。


公正的戦闘規範』を読ませていただいています。普段SFを読むことはあまりないんですが、すっごく面白いです。


僕がSF小説を書き始めたのは2012年なので、今年で丸6年を迎えることになります。商業デビューしたのは2013年だから、ものすごくキャリアの浅い作家ですよ。


デビュー作の『Gene Mapper』が当時すごく話題になりましたよね。

1 2 3 4 5 6 7 8次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。