体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

命を奪わずお肉をゲット!「クリーンミート」ってどういうこと?

命を奪わずお肉をゲット!「クリーンミート」ってどういうこと?

何気なく口にしているお肉を作るのには、実は水やエサなどの莫大な資源、そして土地が必要。さらに、「食べるためだけに育てる」家畜のシステムには倫理的な批判も根強いのが現実。

とはいえ、命をいただくのは自然の摂理だし、他に方法もないし…と人類はここまでやってきたわけだけど、じゃあもしも、「時間も資源もかけずに、殺さずに、本物のお肉が食べられる」としたら?

動物の細胞から
お肉を「培養」

命を奪わずお肉をゲット!「クリーンミート」ってどういうこと?

この美味しそうなフライドチキン、実は動物の細胞から人工的に作り出されたお肉を使っている。痛みの少ない方法で動物から摂取された細胞を培養することで「クリーンミート」と呼ばれるお肉を開発しているこの会社の名は「Memphis Meat」。

チキンもダックも本物の味

命を奪わずお肉をゲット!「クリーンミート」ってどういうこと?

とても人工培養だなんて思えない完璧な見た目。味も普通のお肉に劣らないどころか、油分が気持ち少なめで食べやすいという意見すらある。

環境にも動物にも優しい人工肉は、これから世界が直面するであろう人口増加とそれにともなう食糧難への解決策にもなるだろう、と製作者は言う。

この「培養肉」、一部のベジタリアンからは「動物に被害を与えないで済む」と高い評価を受けているそうだけど、あなたは賛成?それとも…?命を奪わずお肉をゲット!「クリーンミート」ってどういうこと?命を奪わずお肉をゲット!「クリーンミート」ってどういうこと?命を奪わずお肉をゲット!「クリーンミート」ってどういうこと?命を奪わずお肉をゲット!「クリーンミート」ってどういうこと?Licensed material used with permission by Memphis Meat

関連記事リンク(外部サイト)

「事故死した命」を拾って食べる。殺していいのに、なんでダメなの?
もしも、人類が「総ベジタリアン化」したならば…。
レンジを使えば簡単!オリジナル「肉まん」をつくる方法

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。