体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

[野菜で作るディップ]さつまいもや小松菜など簡単レシピ5選

[野菜で作るディップ]さつまいもや小松菜など簡単レシピ5選

親しい人が集まるおもてなしの場に欠かせないのが、手に取りやすく、食べやすいフィンガーフード。なかでも、野菜やクラッカーにディップを添えたものは、定番メニューのひとつです。ディップといえば、マヨネーズやクリームチーズを使ったものをイメージするかもしれませんが、野菜で作ったディップはおいしいだけでなく、鮮やかな色味でテーブルに華を添えてくれます。今回は、秋冬に旬を迎える野菜を使った、5種類のディップのレシピと作り方を紹介します。

ディップ作りに必要なのは、4つの材料だけ

ディップ作りに必要な材料は、メイン野菜・香味野菜・つなぎ野菜・水の4つだけ!

野菜ディップ作りに必要なのは、下記の4つの材料です。おいしく仕上げるポイントは、それぞれの野菜の種類と分量のバランスにあります。

①メインの野菜
かぶやごぼうなど、うまみが凝縮された旬の野菜を使います。
②香味野菜
タマネギ、にんじん、セロリなど。メインの野菜の20%弱の量が目安。
③つなぎの野菜
じゃがいも、ゆりねといった、でんぷん質の野菜。メインの野菜の約15%の量が目安。
④水、またはベジブロス(野菜だし)
手軽に作るなら水でOK。コクを出したい場合は、ベジブロスを使います。調理に使う鍋に、ひたひたの量が目安。

memo

ベジブロスは本来、多種類の野菜を2~3時間ほどコトコト煮込んで作りますが、時間がないときは下記の簡易版の作り方を覚えておくと便利です。

 

<簡単ベジブロスの作り方>
にんじん、セロリ各4㎝、タマネギ1/2個、好みのきのこ80gを適当な大きさの乱切りにし、鍋に入れて水3カップと一緒に中火にかけます。ショウガスライス1枚、塩ひとつまみを加え、あくを取りながら、沸騰させないように20~30分煮出し、冷ましてこせば完成。

3ステップで完成!手軽な秋冬野菜ディップ

ディップ作りの工程は、「炒める」「煮る」「かくはんする」の、たったの3ステップ。ここでは、5つのレシピに共通する[基本の調理工程]をご紹介します。

[基本の調理工程]
1. 材料を適当な大きさに切る。鍋にオリーブオイルを熱し、弱火で香味野菜を炒める。香りが立ってきたら、メインの野菜とつなぎの野菜も加え、くったりなるまで炒める。

基本の調理工程1:弱火で香味野菜を炒め、香りが立ってきたら、メイン野菜とつなぎ野菜も加え、くったりなるまで炒める

2. 全体に油が回ったら、水(またはベジブロス)を加え、弱火でやわらかくなるまで煮る。

基本の調理工程2:油が回ったら、水を加え、弱火でやわらかくなるまで煮る

3. ミキサーでかくはんし、塩、コショウで味をととのえる。味をすっきりさせたいときには、煮きり酢(酢を沸騰させてアルコール分を飛ばしたもの)を1滴加えると良い。

1 2次のページ
VEGEDAY powerd by KAGOMEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。