体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ビルボード】『うたプリ』ST☆RISHがアニメ・チャート首位 セールス/Twitterで他を寄せ付けない強さを見せる

【ビルボード】『うたプリ』ST☆RISHがアニメ・チャート首位 セールス/Twitterで他を寄せ付けない強さを見せる

 “JAPAN Hot Animation”の2月26日付チャート(集計期間:2月12日~2月18日)は、TOP20のうち半数以上の12曲が新曲という波乱の週となったが、そんな中でST☆RISHの「ウルトラブラスト」が断トツの首位を獲得した。

 ST☆RISHは、一十木音也、聖川真斗、四ノ宮那月、一ノ瀬トキヤ、神宮寺レン、来栖翔、愛島セシルの7名からなるユニットで、「ウルトラブラスト」は2019年公開予定の『劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム』の挿入歌となっている。セールスでは2位に約5倍ものポイント差をつけ1位に輝いており、ルックアップでも1位、さらにTwitterでも他の追随を許さない圧倒的なポイントで1位に立っている。またTwitterでは、テレビアニメ4期シリーズ『マジLOVEレジェンドスター』の第1話でメドレーとして披露された「夢を歌へと…!」のST☆RISHパートがフルサイズで収録された楽曲「ファンタジック☆プレリュード」が2位となっており、ST☆RISHの話題性をを示す結果となった。

 2位にチャート・インしたのは現在公開中の映画『劇場版マクロスΔ 激情のワルキューレ』よりワルキューレの「ワルキューレは裏切らない」。セールス、ダウンロード、ストリーミングで3位、ルックアップで2位、Twitterで6位を獲得しており、総合では2位に留まったものの全体的にバランスよくポイントを積み立てている。

 ダウンロードで1位を獲得したのはTVアニメ『ONE PIECE』の主題歌に起用されている安室奈美恵の「Hope」(総合5位)。配信が解禁された同日には安室と『ONE PIECE』のコラボレーションビジュアルが公開されたことも話題となったが、今後このコラボについて新たな発表があることも示唆されているため、話題の動向とともにチャート・アクションにも影響があるのかを追っていきたいと思う。

◎【JAPAN Hot Animation】トップ10
1位「ウルトラブラスト」ST☆RISH
2位「ワルキューレは裏切らない」ワルキューレ
3位「WiSH VOYAGE」IDOLiSH7
4位「ゴーカ!ごーかい!?ファントムシーフ!」ハロー、ハッピーワールド!
5位「Hope」安室奈美恵
6位「打上花火」DAOKO×米津玄師
7位「aventure bleu」内田真礼
8位「Love two you」二階堂大和(CV:白井悠介)
9位「ファンタジック☆プレリュード」ST☆RISH
10位「Swing Your Leaves」FRAME

関連記事リンク(外部サイト)

2月26日付Billboard JAPAN Hot Animation
【ビルボード】Hey! Say! JUMP『マエヲムケ』が26万枚の売上でシングル・セールス首位 TWICEは2週目も好調なセールス
【先ヨミ】Hey! Say! JUMP『マエヲムケ』がシングル・セールス首位独走 ST☆RISH/MAG!C☆PRINCEらが続く

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy