体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

JYと岩井俊二のコラボプロジェクト、『星が降る前に』が完全生産限定でリリース決定

JYと岩井俊二のコラボプロジェクト、『星が降る前に』が完全生産限定でリリース決定

 JY(=知英)が、岩井俊二の詞と5名のプロデューサーによる新曲『星が降る前に』を、完全生産限定の企画EPとしてリリースすることが決定した。

 本プロジェクトは、岩井が作詞を手掛けた「星が降る前に」と題された共通の歌詞をもとに、5名のプロデューサーがそれぞれ楽曲を制作するというもの。リード曲となる岩井氏自身がプロデュースした楽曲は、ネスレ日本の『2018年度「キットカット」受験キャンペーン』のキャンペーンソングにも抜擢されている。

 歌詞は、岩井とJYが同乗したタクシーの移動中、しきりに空に浮かぶ星と月を見上げるJYの姿からインスパイアを受けて書いたもの。参加プロデューサー陣は追って発表される。なお、岩井は作詞、楽曲プロデュース以外にミュージックビデオも担当。氷点下を記録するなど、寒さ厳しい1月末に撮影されたという。あわせて、商品の展開写真も公開。完全生産限定の商品はLPサイズの特製ジャケット仕様で、豪華ブックレットとオリジナルトートバッグが付属されている。

◎岩井俊二氏コメント
ジヨンさんとロサンゼルスでお会いした時、車中でふと見つけた月を無心に眺めていた姿が印象的でした。
国を越えて活躍する彼女にとって星や月はどこから見ても変わらない心の拠り所なのかもしれないと勝手に想像しました。
それがこの詞の原点でした。

◎JYコメント
初めてLAでお会いした時に、私がつぶやいた一言をきっかけに歌詞を展開してくださったと聞いてとても特別な思いがしました。歌詞が映画のワンシーンのような情景です。MV撮影もずっとわくわくしていました。撮影現場での岩井さんの姿からは、映像へのこだわりが伝わってきました。岩井さんの世界に入れて楽しかったです。リップシンクをすべて2倍速で撮ったので出来上がりがとても楽しみです。映画のようなMVになると思います。

◎リリース情報『星が降る前に』
2018/3/28 RELEASE
完全生産限定盤<LPサイズジャケット / CD+DVD+豪華ブックレット+オリジナルトートバッグ]>SRCL-9733~35  7,000円(tax out.)

関連記事リンク(外部サイト)

JY(=知英)豪奢な「新聞紙ドレス」で登場! 映画『リベンジgirl』主題歌を初披露
JY(知英)主演ドラマ主題歌『MY ID』MV解禁! KARA以降ソロ初となる本格的ダンス作で「#Belfieダンス」披露
岩井俊二監督によるDAOKO『Forever Friends』MV解禁

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。