体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『2月21日はなんの日?』マイルスも憧れたジャズ・トランペットの巨匠、クラーク・テリーの命日

『2月21日はなんの日?』マイルスも憧れたジャズ・トランペットの巨匠、クラーク・テリーの命日

 2月21日は音楽史に残る偉大なジャズ・トランペッター、クラーク・テリーの3度目の命日。

 クラーク・テリーは1920年12月14日、アメリカ・ミズーリ州セントルイス生まれ。10代の頃から音楽活動をスタートさせ、60年代にはカウント・ベイシー、デューク・エリントン、クインシー・ジョーンズのバンドを渡り歩き、トップ・トランペッターとして活躍。当時のテリーの演奏は、地元セントルイスの後輩であるマイルス・デイヴィスの演奏スタイルにも大きな影響を与えたと言われている。

 70年以降はフリューゲルホルン奏者としてバンドを率いたほか、精力的に後進の育成もおこない、2010年のグラミー賞では生涯功労賞を受賞、残されたレコーディング音源は900にものぼるとも言われている。60年以上にわたりジャズの継承と発展に貢献し続けたが、晩年は自宅療養生活に。しかし、その間も病床から愛弟子である盲目の若手ピアニスト、ジャスティン・コフリンに演奏指導をおこない、その模様はドキュメンタリー作品『Keep on Keepin’ On』に収められている。最期まで後進の育成に尽力したテリーは、2015年2月21日、94歳という大往生の末にこの世を去っている。

関連記事リンク(外部サイト)

『2月20日はなんの日?』リアーナ30歳の誕生日、バッドガールから大人の女性へ
『2月19日はなんの日?』ブラック・サバス稀代のリフメイカー、トニー・アイオミの誕生日
『2月18日はなんの日?』ヒップホップ界の重鎮、ドクター・ドレーの誕生日

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy