体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

THE BAWDIES、約15年の軌跡を振り返る37曲のノンストップ・ミックスを公開

THE BAWDIES、約15年の軌跡を振り返る37曲のノンストップ・ミックスを公開

 THE BAWDIESが、これまでの軌跡を振り返る約25分のダイジェスト・ミックス映像(https://youtu.be/clXM1eJUNaA
)を公開した。

 今回公開されたのは、ベストアルバムに収録されるインディー時代の楽曲から最新アルバム収録曲まで、未発表の新曲を除く全37曲をノンストップで聴くことができるダイジェスト・ミックス。インディー時代を含む彼らの姿がミュージックビデオを含め一挙公開されており、彼らの代名詞ともなっているスーツが作品毎に変遷していく姿など、THE BAWDIES約15年のビジュアル・ヒストリーを短時間で楽しむことができる。

 一方で音源は、自らのスタイルを変えることなくロックンロールを鳴らしてきたTHE BAWDIESならではの疾走感あふれる仕上がりに。約15年に及ぶキャリアから生まれた37曲を「どこを聴いてもTHE BAWDIES!」と聴かせる普遍性とオリジナリティは、結成15周年目のアニバーサリーイヤーを迎えて尚、彼らが日本の音楽シーンにおいて稀有な存在であることを証明していると言える。なお、今では入手困難なデビュー前の音源などを含むレアトラックCDや、彼らの初リリース音源が収録されたアナログ盤などが入ったキャリアの集大成ともいえる<DELUXE EDITION>は2月28日までの受注限定生産となっている。

 また5年ぶりの全国47都道府県ツアー【Thank you for our Rock and Roll Tour 2004-2018】も先日発表されたばかりだが、前半戦となる22公演(5月9日千葉~7月22日沖縄)のオフィシャル先行予約も本日よりスタートしている。

◎リリース情報
『THIS IS THE BEST』
2018/4/18 RELEASE
<DELUXE EDITION>箔押し7inchボックス仕様
NZS-750  10,000円(tax out.)
※2月28日までの受注限定生産
<初回限定盤>スリックケース仕様
VIZL-1343  4,500円(tax out.)
<通常盤>2CD Best Album
VICL- 64970~71  3,500円(tax out.)

◎ツアー情報【Thank you for our Rock and Roll Tour 2004-2018】
2018年4月22日(日) 新木場 STUDIO COAST
2018年5月8日(火) 千葉 LOOK
2018年5月11日(金) 長野 CLUB JUNK BOX
2018年5月12日(土) 富山 MAIRO
2018年5月16日(水) 宇都宮 HEAVEN’S ROCK VJ-2
2018年5月17日(木) 水戸 LIGHT HOUSE
2018年5月24日(木) 横浜 F.A.D
2018年6月6日(水) 奈良 NEVER LAND
2018年6月8日(金) 徳島 club GRINDHOUSE
2018年6月9日(土) 松山 WstudioRED
2018年6月13日(水) 三重 M’AXA
2018年6月15日(金) 福井 響のホール
2018年6月16日(土) 岐阜 CLUB-G
2018年6月21日(木) 山形 ミュージック昭和セッション
2018年6月23日(土) 盛岡 CLUB CHANGE WAVE
2018年6月24日(日) 郡山 Hip Shot Japan
2018年6月28日(木) 京都 MUSE
2018年6月30日(土) 岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
2018年7月1日(日) 米子 laughs
2018年7月5日(木) 長崎 DRUM Be-7
2018年7月7日(土) 熊本 B.9 V1
2018年7月8日(日) 大分 DRUM Be-0
2018年7月22日(日) 沖縄 桜坂セントラル

関連記事リンク(外部サイト)

THE BAWDIESが5年ぶり47都道府県ツアー決定、最速先行予約スタート
THE BAWDIES 初のベストアルバム発売決定! メジャーデビュー記念日にはスペシャルワンマン
THE BAWDIES×sumikaの2マンイベント【LIVE HOLIC vol.12】レポートが到着

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。