体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ゼイン、SNSで新曲を一部公開

ゼイン、SNSで新曲を一部公開

 2018年2月20日、ゼイン・マリクが新曲と思われる音楽の一部を3回に分けてインスタグラムに投稿した。

ゼインによる投稿

 投稿された音楽は全て同じ曲のようで、昨年9月にリリースされた「ダスク・ティル・ドーンfeat.シーア」とは一味違った、メランコリーでブルージーな楽曲となっている。3本ともピアノの鍵盤だけが映し出されており、“シンギング”と添えられている最初の動画では、ゆっくり奏でられるピアノのコードと共にゼインのボーカルが遠くで聞こえ、2本目では更に高い音域で“She’s wants somebody to love in the right way (彼女は正しく愛せる人を求めている)”などと歌っている。“No mic”と添えられた3本目では同じピアノのフレーズに“in the right way”が繰り返されている。

 また、ここのところ定期的に詩を投稿していた彼は、2月19日にも一言“ポエム”とだけ添えて長めの作品を投稿している。

 現在彼は、2016年のデビュー・アルバム『マインド・オブ・マイン』に続く2ndソロ・アルバムを制作中で、まだ正式なリリース日は発表されていないものの、突然公開された音楽はファースト・シングルの予告なのではないかとファンの間で話題になり、3本の動画は既に計200万回以上再生されている。

◎ゼインによる投稿
https://www.instagram.com/p/BfZcNs9nhuT
https://www.instagram.com/p/Bfamvu3nlh-
https://www.instagram.com/p/BfaoO75niqf
https://www.instagram.com/p/BfappV6H2I_

関連記事リンク(外部サイト)

ゼイン&シーアの切ないボーカルが映える、濃厚なラブ・ソング「ダスク・ティル・ドーンfeat.シーア」(Song Review)
ゼイン、米国入国審査で引き止められた過去を明かす
ゼインが新境地を切り拓いたダンス・チューン「スティル・ゴット・タイム ft.パーティーネクストドア」(Song Review)

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy