体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

効果を実証する為、臨床試験実施済み シリーズ累計40万本選ばれる育毛剤の秘密とは?

薄毛の方とお会いすると、どうしても目線が頭に行ってしまうことがある。失礼かもしれないけど、薄毛の方は実年齢より老けて見えるのは事実だろう。でも、「加齢だからしょうがない」とあきらめないで! いま注目のスカルプケア成分・キャピキシルを配合した『BOSTONスカルプエッセンス』なら、大きな育毛効果が期待できるかもしれない。

 

通常の育毛剤の3倍もの効果が期待できる成分「キャピキシル」配合

最近では男女ともに加齢に伴い頭皮が寂しくなるのは非常に大きな問題のようだ。でも、大多数の人は「加齢とともに頭髪が薄くなるのは仕方のないことだ」とあきらめてしまっているように感じる。

確かに、薄毛の方は実際の年齢よりも老けて見えるのは間違いない。髪型が決まらない、チラチラと頭を見られる、子どもに「おとうさんカッコ悪い」と言われるなどといった悩みは尽きない。かと言って、植毛や増毛はお金もかかるし、メンテナンスが大変。できれば育毛で悩みを解決したい。そんな悩みを解決する育毛剤が株式会社エスロッソ(東京都新宿区)の『BOSTONスカルプエッセンス』(約1ヶ月分60ml・希望小売価格 税抜9,800円・発売中)だ。

「BOSTONスカルプエッセンス」の注目成分は、育毛業界を騒然とさせている最新成分「キャピキシル」。これはカナダのLUCAS MEYER COSMETICS社が開発した成分で、成長因子(アセチルテトラペプチド-3)と植物(アカツメクサ花エキス)を掛け合わせた成分。一般的な育毛剤に使用されている「ミノキシジル」と、この「アセチルテトラペプチド-3」を培養された毛母細胞に添加したところ、なんと活性度はミノキシジルの52%に対し、アセチルテトラペプチド-3は156%だったそう。つまり、ミノキシジルの3倍もの有用性が確認されているのだ。

しかも、ミノキシジルには副作用があるとされているが、キャピキシルはコラーゲンの配列を少し変化させたもので、分解されてもアミノ酸になるだけ。つまり、髪と頭皮に優しい原料素材なのだ。

というわけで、さっそく取り寄せてみた。宅配便で丁寧に梱包されたボックスが手元に届く。

梱包を開けると、中には「BOSTONスカルプエッセンス」本体と、「私はこうして薄毛を克服しました」という1冊の小冊子が封入されている。この著者である杉山哲矢さんという方は、エスロッソの社長である。

小冊子には、杉山社長が薄毛を克服したノウハウが丁寧に書かれている。もちろん「BOSTONスカルプエッセンス」の使用法だけでなく、食事や生活習慣の改善などの薄毛対策も記されており、これを読むだけでも有効な育毛術になる。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。