体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

神戸にいきます。半年後だけど。

神戸にいきます。半年後だけど。

 

(なぜ、わたしが半年後に神戸に行きたいのかは、のちほど。)

 

「旅先では、そこに住んでいるように過ごす」。

どこへ旅行しても、滞在時間をそんなふうにして過ごすようになったのは、ある本のなかの1ページを読んだのがきっかけ。知らない土地へ行ったとしても、自分がフラットな心持ちでいれば、すれちがう人たちの素顔にふれることができるんじゃない?っていうことを言っていたんです。

とてもすてきな言葉だったから、紹介させてください。

 

 

『素顔にふれる旅』

 

知らない町で、自分にとって日常的なことをして過ごすのです。そのとき、訪れた土地にもそこで生まれ、暮らし、笑ったり泣いたりしているたくさんの人々がいることに初めて気づくのでしょう。

 

旅から帰り、本当の日常の中で思い出すこと。

それは、美しい風景やアートではなく、そんな時間に偶然触れ合った人々のことかもしれません。

 

『スヌーピー こんな生き方探してみよう』より

著:ほしのゆうこ 訳:谷川俊太郎(朝日文庫)

 

そんな旅先で、滞在したいのは……

神戸にいきます。半年後だけど。

 

今年の夏、神戸にできるんです。スヌーピーやピーナッツに登場する個性的なキャラクターをテーマにしたデザインホテル、『PEANUTS HOTEL(ピーナッツホテル)』が!

「ピーナッツ」の原作者がアトリエを構えた、アメリカの街やカリフォルニアの空気感は、神戸のレトロモダンな雰囲気とちょっと似てる部分も。

ミッドセンチュリー調の家具や、日本の洗練されたモダンテイストをちりばめた空間では、ピーナッツのキャラクターたちがお出迎えしてくれるんだって! エントランス付近には、東京・中目黒にある「PEANUTS Cafe」も併設されているみたい。

 

夏は、神戸
ピーナッツホテルへ!

 

時代や世代を越えて、スヌーピーや、ピーナッツのルーツを感じることができ、さまざまな人との繋がりやコミュニティが生まれる『PEANUTS HOTEL』。今年の夏はここで、「素顔にふれる旅」をしたいな。半年後が、とっても楽しみ! 詳細はもうちょっと待ってて!

 神戸にいきます。半年後だけど。PEANUTS HOTEL(ピーナッツ ホテル)

オープン日:2018年夏
客室数  :全18室
公式サイト:後日公開

<1階併設>
名称   : PEANUTS Cafe(ピーナッツ カフェ)
オープン日: 2018年夏
席数   : 約40席
公式サイト: http://www.peanutscafe.jp/

関連記事リンク(外部サイト)

【完全予約制】中目黒にオープンした「スヌーピーカフェ」が気になる
【ファン待望】2016年4月に「スヌーピーミュージアム」が六本木に誕生!
神戸出身者ならわかる「JIBのバッグは最強」。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy