体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

身体と切り離せない個を持って生きる私たち。石川和人によるメッセージ

unnamed (1)

石川和人 個展「Overload」が、コンテンポラリーアートギャラリー「EUKARYOTE (ユーカリオ) 」にて3月2日 (金) から3月25日 (日) までスペース2Fにて開催される。

石川和人は2015年度 “LUMIX MEETS BEYOND 2020 BY JAPANESE PHOTOGRAPHERS #3”の一人として選出され、東京とパリでの展覧会に出展、写真集を出版するなど現代写真の新鋭作家として現在活躍の場を広げている。昨年行われた初の個展では「Humanity」のシリーズを発表し、デジタルカメラを用いながら、作品に落とし込む際のアナログな手法によって偶発的に生まれる、鮮やかでペインタリーな透明感ある色彩と、情報の器と化した現代の人々を思わせる朧げな表現で改めて異彩を示した。石川和人は、本展の開催にあたって次のように語っている。

「いまは情報が個として存在している。A.I.もそうであるし、A.I.が新しいA.I.をつくれるはず。
では人はどういう役目で存在していく? 人として何ができるのか?
それは人として形あること、繰り返しのきかない事、有り無しだけではない何かを感じられること、緊張と緩和という空気の響き合いが調和された間は、日本人が得意とする部分であると思う。」

最近では写真の持つ非実体のイメージを覆すように、皮膚感覚へ訴える意欲的な展開を続けており、展示タイトルでもある作品「Overload」においては、”過負荷な情報量を表面化させ、普段扱う情報を物量とした時に起きる感覚の差を明確にさせる試み”として、夥しいほどの物質感と色彩を伴って展示室の1壁面を覆う。そこには膨大無形な情報に晒された私たちを嘲弄するのではなく、身体と切り離せない個を持って生きる私たちへの慈しみにも似たメッセージが込められている。また本展では「Overload」、「Humanity」に加え、石川にとって比較的初期の試みである「Flowers」と、「The Automobile」の新作など、複数のシリーズを同一空間で展示する。

unnamed (2)

石川和人 個展「Overload」
会期 : 2018年3月2日 (金) – 3月25日 (日)
会場 : EUKARYOTE スペース2F (東京都渋谷区神宮前3-41-3)
[東京メトロ銀座線 外苑前駅 出口徒歩10分]
時間 : 12:00 – 19:00
休廊 : 月曜日

EUKARYOTE Website

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。