体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ノルウェー空軍用F-35Aのドラッグシュート試験成功

ノルウェー空軍用F-35Aのドラッグシュート試験成功

 2018年2月16日(現地時間)、ノルウェーのオーランド空軍基地で、同空軍のF-35Aがドラッグシュート(制動用パラシュート)を用いた着陸に成功しました。2月20日(現地時間)、ノルウェー空軍が発表しました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 これはノルウェーなど、冬季に滑走路が凍結してしまうような場所で運用する際、とても重要なオプション装備。滑走路が凍結していると通常より制動距離が長くなってしまい、場合によっては滑走路をオーバーランする可能性があります。そのため、ドラッグシュート(制動用パラシュート)を装着し、それを展開することで通常時と同程度の距離で着陸できるようにする訳です。

 ノルウェー空軍は2017年11月にF-35Aの最初の3機を受領。現地で様々な運用試験を続けてきました。今回のドラッグシュート試験は、その仕上げとなるようなものです。ノルウェー空軍のF-35プログラム責任者、モルテン・クレバー少将はドラッグシュート試験の成功を受けて「この計画において、時間、コスト、パフォーマンスといった、全ての重要な基準を満たすことができました。量産モデルにおけるドラッグシュート試験の終了は、今春に予定している極地環境運用評価試験の終了に向け、大きな前進です」とコメントを発表しています。

 ドラッグシュートユニットはF-35Aの機体上面に装着されており、ステルス性を損なわないよう、正面からはキャノピーの陰に、側面からは垂直尾翼に隠れるような形になっています。現在これを必要としているのは、F-35プログラムに参加しているノルウェーのみですが、今後似たような形で着陸距離を短縮したい運用国が現れた際、採用を後押しするオプションとなりえます。

 ノルウェー空軍は2018年に6機のF-35Aを受領する予定になっており、2024年に全機が揃うことになります。

 Image Credit: The Royal Norwegian Air Force

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

ポーランド空軍がM-346練習機を受領・運用開始
アメリカ空軍がハワイで燃料電池車を運用中
ボーイング737 MAX 9がアメリカの型式証明を取得

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。