体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

幻想的な光絶景。1000個の椿ランタンで復興を願う「椿ランタン ライトアッププロジェクト」

インスタ映えもバツグン!幻想的な灯りに伊豆大島が彩られる「椿ランタン ライトアッププロジェクト」が2月26日に開催されます。

このイベントは、2013年に発生した台風の土砂災害による影響で観光客が減少した伊豆大島の復興に貢献するために立ち上がったプロジェクトで、昨年は500個のランタンが夜の伊豆大島を照らしました。

復興への願いがこもったランタンが作り出す風景はとても幻想的で、一度は見てみたいですね。

記事配信:じゃらんニュース

「椿ランタン ライトアッププロジェクト」って?

椿ランタン 椿ランタン

文京学院大学経営学部の学生で組織する『AnimeJapan2018 学生実行委員会』所属の3名を中心に企画された今回のイベント。株式会社シマーズ、東海汽船株式会社とともに、2013年に伊豆大島で起きた土砂災害の復興、地域活性化を目的に昨年度から活動を始めました。実際に伊豆大島を訪れ、有名スポットや主な観光地などを自分の目で見て感じることでどんどん魅力に惹かれ、自分達が感じた魅力をもっと多くの人に伝えたい!と思い、夜の伊豆大島を魅力的に見せるフォトスポットを新たに作り出せる「椿ランタンライトアッププロジェクト」を企画したそうです♪

椿ランタン

ランタンには、亡くなった方や大切な方への想い、地域の復興を願った想いを光に灯すという意味が込められています。伊豆大島の象徴である椿に、伊豆大島の復興、そして今後のさらなる発展の願いがオリジナルの椿ランタンにはこもっています。

昨年の2倍、1,000個のランタンが夜を彩ります

椿ランタン4 椿ランタン

初開催となった昨年は学生自身がデザイン・制作した椿の花をかたどったランタン500個で、夜の伊豆大島を美しく演出しました。

今回は島民にも椿ランタンの作成をお願いし、昨年度の倍の数となるなんと1,000個を使用!より美しい空間が演出されます♪

椿ランタン1

また、今回は希望者に椿ランタンを一つ500円で販売!イベント終了後は、展示したものをそのまま持ち帰って、自宅でも椿ランタンを楽しむことができます。光る椿の花を摘んで持ち帰るなんて素敵ですね♪また、自作用のキットも販売されるそうです。

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。