体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

The Who、50年前に録音されたライブCD&ピートの45周年記念盤を発売決定

1968年に録音されてからこれまで公式に発売されてこなかったザ・フーのライヴ作品が録音から50年目の2018年、2枚組CD『ライヴ・アット・フィルモア・イースト1968』として4月20日にリリースされることが決定。あわせてピート・タウンゼントのソロアルバム『フー・ケイム・ファースト』は45周年記念盤として最新リマスター、未発表音源が収録された2枚組CDとして4月13日に発売されることが発表となった。
The Who (okmusic UP's)

ザ・フーの『ライヴ・アット・フィルモア・イースト1968』は、50年前の1968年4月5日(金)と6日(土)にニューヨーク市フィルモア・イーストで行われたライヴを当時のマネージャー、キット・ランバートが録音。今回は、その2日目のライヴを、当時その場所にもいたザ・フーのサウンドエンジニアであるボブ・プリデンがレストアとミックスを担当して発売される。リマスターはジョン・アストリーが担当。アルバムには、「マイ・ジェネレイション」のエクステンデッドヴァージョンをはじめ、「ア・クイック・ワン」、「シェイキン・オール・オーヴァー」等のザ・フーおなじみの曲から、エディ・コクランのカヴァー曲「サマータイム・ブルース」と今回初の公式リリースとなる「カモン・エヴリバディ」、そしてこの公演で初めて演奏された「フォーチュン・テラー」や、『ザ・フー・セル・アウト』からのナンバー「タトゥー」、「リラックス」等が収録。CD2枚組とアナログLP3枚組での発売となる。

ピート・タウンゼントのソロアルバム『フー・ケイム・ファースト』45周年記念盤は、1972年10月のオリジナルリリースから45年周年を迎えていることを記念して未発表音源を含むリマスター、デラックスエディションのCD2枚組で発売となる。今回の2CDエディションには、1972年のオリジナルポスター、レコーディングスタジオでのレアな写真の数々や、ピート本人による新しいライナーノーツが収録された24ページのブックレット付き。さらに音源は、オリジナルマスターテープを使用した最新リマスタリングが施され、リマスターはザ・フーのアルバム『フー・アー・ユー』のプロデューサーであり、ザ・フーのカタログ再発に携わってきたジョン・アストリーが担当。ディスク1にはオリジナルアルバム9曲、ディスク2には未発表音源、オルタナヴァージョンやライヴ音源等が収録される。
アルバム『ライヴ・アット・フィルモア・イースト1968』
2018年4月20日発売

【CD】

UICY-15727/8/¥3,600+税

※6面デジパック・スリーヴ仕様

※書下ろしのライナーノートと貴重な写真資料を掲載した12ページのブックレット付。

※日本盤のみ:SHM-CD仕様、英文ライナー翻訳付/歌詞対訳付

【アナログ(輸入盤のみ)】(LP3枚組)

674-4480/オープン価格

※ゲートフォールド・スリーヴ仕様。

※書下ろしのライナーノートと貴重な写真資料を掲載したインナーバッグ(内袋)3点付。

<収録曲>

■CD Disc1

1.サマータイム・ブルース / Summertime Blues

2.フォーチュン・テラー / Fortune Teller

3.タトゥー / Tattoo

4.リトル・ビリー / Little Billy

5.アイ・キャント・エクスプレイン / I Can’t Explain

6.ハッピー・ジャック/ Happy Jack

7.リラックス / Relax

8.アイム・ア・ボーイ / I’m A Boy

9.ア・クイック・ワン / A Quick One

10.マイ・ウェイ / My Way

11.カモン・エヴリバディ / C’mon Everybdy

12.シェイキン・オール・オーヴァー / Shakin’ All Over

13.ボリスのくも野郎 / Bris The Spider

■CD Disc2

1.マイ・ジェネレイション / My Generation
アルバム『フー・ケイム・ファースト』/ピート・タウンゼント
2018年4月13日発売

UICY-15729/30/¥3,600+税

※日本盤のみ:SHM-CD仕様、英文ライナー翻訳付/歌詞対訳付

<収録曲>

■CD Disc1

1.ピュア&イージー / Pure and Easy

2.エボリューション / Evolution

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy