体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

THE BACK HORN、ミニアルバム特典のダイジェスト映像を公開&LINE LIVE配信決定

2018年で結成20周年を迎えるTHE BACK HORNが3月7日(水)に発売する、ミニアルバム『情景泥棒』の初回盤特典DVDに収録されるライブ映像『KYO-MEIワンマンライブ」~第三回夕焼け目撃者~』のダイジェストを公開した。『KYO-MEIワンマンライブ」~第三回夕焼け目撃者~』は、アルバム『BEST THE BACK HORN II』のリリースを記念して2017年10月21日に日比谷野外音楽堂で開催。約6年振りの野音ライブは雨が降る中で行なわれ、収録曲のファン投票もあったベストアルバムの楽曲を中心としたセットリストも相まって“伝説の野音”とも言われる内容となった。今回の初回盤特典DVDには、ライブ映像を12曲、約1時間の大ボリュームで収録する。
THE BACK HORN (okmusic UP's)

そして、2月21日(水)18時30分からLINE LIVEで特別番組を配信することも発表! 番組では、ミニアルバム『情景泥棒』から「がんじがらめ」の音源を発売前一度限りのオンエアとしてフルサイズで配信。番組は、近年のライブ映像を約1時間にわたって特集し、『KYO-MEIワンマンライブ」~第三回夕焼け目撃者~』からも1曲がフルサイズで公開される。

さらに、バンド結成20周年の感謝企画として『THE BACK HORN 結成20周年記念サイン会~情景泥棒~』も発表! タワーレコード池袋店、渋谷、新宿店、梅田大阪マルビル店、名古屋近鉄パッセ店、仙台パルコ店、札幌ピヴォ店、福岡パルコ店の全国8ヶ所で開催される。

また、ミニアルバム『情景泥棒』のリリースライブとして、『「KYO-MEIワンマンライブ 東京編・大阪編」~情景泥棒~』 を3月20日(火)にZepp Tokyo、3月24日(土)にZepp Osaka Baysideで開催。さらに、『「KYO-MEI対バンツアー」~情景泥棒~ を開催する。『「KYO-MEI対バンツアー」~情景泥棒~』は、4月1日(日)の名古屋公演でUNISON SQUARE GARDEN、4月6日(金)仙台、4月8日(日)札幌公演では9mm Parabellum Bullet、4月15日(日)岡山公演ではアルカラ、4月20日(金)新潟公演ではクリープハイプとの対バンが既に発表されており、残す5月13日(日)福岡公演の対バンは後日の発表となるのでお楽しみに。
■LINE LIVE「THE BACK HORN ライブ映像特集!+発売前一夜限りの新曲音源公開!」

2月21日(水)18:30頃~

視聴URL:https://live.line.me/channels/520/upcoming/7355368

※番組内容は変更となる可能性がございます。
ミニアルバム『情景泥棒』
2018年3月7日発売

【初回限定盤】(CD+DVD)

VIZL-1338/¥3,200+税

<収録曲>

■CD

01.Running Away

02.儚き獣たち

03.閃光

04.がんじがらめ

05.情景泥棒

06.情景泥棒~時空オデッセイ~

07. 光の螺旋

■DVD

〈『KYO-MEIワンマンライブ〜第三回夕焼け目撃者〜』Live at 日比谷野外大音楽堂〉

01.シリウス

02.声

03.ひょうひょうと

04.晩秋

05.コワレモノ

06.アカイヤミ

07.枝

08.覚醒

09.孤独を繋いで

10.シンフォニア

11.何処へ行く

12.グローリア

【通常盤】(CDのみ)

VICL-64966/¥2,000+税

<収録曲>

01.Running Away

02.儚き獣たち

03.閃光

04.がんじがらめ

05.情景泥棒

06.情景泥棒~時空オデッセイ~

07. 光の螺旋

◎店舗特典情報

下記CDショップチェーン店及びECサイトにて『情景泥棒』初回限定盤、通常盤をお買い上げの方に、特典を先着でプレゼント致します。

・タワーレコード全国各店/タワーレコードオンライン:「THE BACK HORNオリジナルステッカー(TOWER ver.)」

・TSUTAYA RECORDS 全国各店/TSUTAYA オンラインショッピング:「THE BACK HORNオリジナルステッカー(TSUTAYA ver.)」

※TSUTAYAオンラインショッピングは、ご予約分のみが対象です。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy