体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スープとごま油を混ぜ込んだ皮の「手打餃子」

2月19日放送の「みんなのニュース」(フジテレビ系、午後16時50分~)では、浅草の中華店特集で、「馬賊」(東京都台東区)が紹介された。

同店は都営地下鉄浅草線の浅草駅A1口から徒歩3分ほどの場所にあり、店外に人だかりができるほど人気のラーメン店だ。

番組では、お店のメニューとして「担々麺」(850円)、「手打餃子」(500円)が紹介された。
「担々麺」はお店の人気メニュー。この麺は注文を受けてから作る手打ち麺。注文を受けてから作る理由は水気がすごく、ゆでても10分くらいしかもたず作り置きができないからだそうだ。このひねりを加えた麺の生地をかまへ入れ、その間に特製のゴマダレとスープを合わせる。最後にスープに麺、肉味噌、葱を加えて完成だ。
「手打餃子」はジューシーな餃子が5個セットになったメニュー。自家製の皮はスープとごま油を混ぜ込んでいるため、皮だけでもジューシーな味わいになっているそうだ。これを1枚1枚手でのばして野菜たっぷりのあんを包む。そしてこれを鉄板で水餃子のようにゆでて一旦お湯を捨てる。最後に油で焼き目を付けて完成だ。こうすることで水餃子のようなモチモチ感と焼き餃子の香ばしさをあわせもつ餃子ができるそうだ。

東塚菜実子さんが「担々麺」をいただくと「ん~!麺つるっつるのもっちもちで本当においしい。このさらさらのスープによく絡みます。ゴマの深みとお肉のうま味、最高ですね」とコメント。

続いて「手打餃子」を食すと「肉汁すごい!野菜も結構たっぷり入っていてお肉のうま味とお野菜の甘み、両方しっかりと感じられる餃子ですね」と絶賛した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:馬賊(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:浅草のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:ラーメン・つけ麺のお店紹介
ぐるなび検索:浅草×ラーメン・つけ麺のお店一覧
スープとごま油を混ぜ込んだ皮の「手打餃子」
目玉焼きが載った「中華丼」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。