体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

有名温泉地のカレーが美味!絶対食べたい人気の「個性派カレー店」5選【群馬】

ぐつぐつ石焼カレー 1480円

旅先で食べるカレーってなぜかとてつもなく美味しく感じますよね。意外と知られていませんが…、実は群馬県には個性派カレーの人気店がたくさん。

今回は群馬五大温泉地で食べれる、おすすめのご当地カレーをご紹介致します。

せっかくなら、熱々カレーと一緒に、この時期ならではの絶景&名湯を味わいに行きたいですね。高速バスや電車を使えば楽々アクセスですよ。

記事配信:じゃらんニュース

1.草津温泉

“天下の名湯”の肩書きに応える自然湧出量、日本一の温泉地。

1日にドラム缶約23万本分の温泉が湧き出ており、源泉のpH値は2.1と強酸性で強い殺菌力をもつ。温泉街の中心に位置する湯畑がシンボル。

花豆とフルーツのカレー 1000円

こだわりポイント

甘~い×辛~い。相乗効果でおいしさ倍増!

草津の名産である花豆(花いんげん豆)を主役に、マンゴーやパイナップルを合わせたフルーティーな一皿。スパイスの辛さとフルーツの甘さが絶妙にマッチし、ひと口食べたら止まらない!花豆とフルーツのカレー 1000円粒が大きく、歯ごたえのある花豆がポイント。ランチタイムは1000円 花豆とフルーツのカレー 1000円温泉宿「極楽館」の2階。木の温もりあふれる店内でのんびり食事を味わおう

黒毛和牛を贅沢に使ったプレミアムビーフカレーなど、店主こだわりの5種類のカレーが評判のレストラン。お酒も提供しており、16時からのディナータイムにはおつまみメニュー500円~も用意。 ノイエポスト・ダイニング

TEL/0279-88-1610

住所/群馬県吾妻郡草津町草津507 西の河原通り極楽館2階

営業時間/11時~LO19時

定休日/木(そのほか不定休あり)

アクセス/JR長野原草津口駅よりJRバス関東草津温泉行きで25分、草津温泉バスターミナルより徒歩10分

「ノイエポスト・ダイニング」の詳細はこちら

湯畑

湯けむり漂う、幻想的な湯畑を散策。

湯畑湯けむりと雪景色を足湯から眺めよう!

毎分約4000リットルの湯が湧き出す源泉。日没後にはライティングされ、昼間と異なる表情が楽しめる。足湯に浸かって眺めるのもおすすめ。 湯畑

TEL/0279-88-0800(草津温泉観光協会)

住所/群馬県吾妻郡草津町草津

営業時間/見学自由

アクセス/JR長野原草津口駅よりJRバス関東草津温泉行きで25分、草津温泉バスターミナルより徒歩5分

「湯畑」の詳細はこちら

西の河原露天風呂

冬ならではの風情漂う湯浴みを満喫。

自然情緒を感じながらの入浴は格別。夜はライトアップされ、星空を眺められる

総面積500平方メートルを誇る日本有数の大露天風呂。一面に広がる銀世界を眺めながら、熱いお湯にじっくり浸かる…。至福の時間を過ごそう。

[日帰り入浴データ]

・営業時間/9時~20時(4月~11月は7時~、最終受付19時30分)

・定休日/なし(6月頃メンテナンス休あり)

・料金/大人600円、3歳~小学生300円

※シャンプー・リンスの有無/なし、バスタオルのレンタル有無/なし、フェイスタオルの販売有無/あり(320円) 西の河原露天風呂

TEL/0279-88-6167

住所/群馬県吾妻郡草津町草津521-3

アクセス/長野原草津口駅よりJRバス関東草津温泉行きで25分、草津温泉バスターミナルより徒歩15分

「西の河原露天風呂」の詳細はこちら

2.伊香保温泉

万葉の時代から親しまれる情緒あふれる街並みを散策。

万葉集にも登場し、徳冨蘆花や竹久夢二など多くの文人墨客に愛されてきた名湯が自慢。365段の風情ある石段街は湯上がりの散歩におすすめ。

ぐつぐつ石焼カレー 1480円

こだわりポイント

旬の地元野菜がたっぷり!グツグツ煮えた熱々カレー。

彩り鮮やかなトッピングの野菜は、なるべく地元産の旬のものを使用。ルーはじっくり2日間煮込み、隠し味としてチーズとデミグラスソースを入れることで、まろやかな味わいに仕上げている。ぐつぐつ石焼カレー 1480円上州ブランド豚「とことん」を煮込んだトロトロの角煮も入っている ぐつぐつ石焼カレー 1480円夜はカフェからラーメン屋さんに。店内は、漆喰の白壁に黒を基調としたおしゃれな空間
1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。