体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

西川貴教が納得できないこと「なんなん、死って?」

西川貴教が納得できないこと「なんなん、死って?」
J-WAVEで放送中の番組「INNOVATION WORLD」(ナビゲーター:川田十夢)。2 月16日(金)のオンエアでは、T.M.Revolutionこと、西川貴教さんをゲストにお迎えしました。

ミュージシャンとしてはもちろん、ラジオパーソナリティ、実業家など、いろんな顔を持つ西川さん。昨年には著書『おしゃべりな筋肉―心のワークアウト7メソッド―』(新潮社)を上梓しました。川田は、同書から「西川さんのストイックな一面が見られた」とコメント。

川田:メディアで見る西川さんは、すごく明るくて“抜け”のいい印象だったんですけど、内面のストイックさがすごく興味深くて。
西川:もともとすごく人見知りだったりとか、コミュニケーション能力がすごく低かったので。それを克服したいな、気まずい空気をいい感じに変えるにはどうしたらいいのかなっていうのをやってたら、今の状態に。

そんな西川さんの内面を、人工知能アシスタントTommyに分析してもらいました。

「西川さんは表現に富み、社会的なタイプ。快活で喜びに溢れる人で、その喜びを周囲と分かち合う人。最高の成果が得られるよう自分自身で目標を設定する傾向があり、さらに、歴史映画を好み、社会的貢献のためにボランティア活動をする傾向がある」との分析結果が出ました。

「歴史映画を好む」というポイントが当たっているそうで、一人で観る映画はドキュメンタリーが多いと西川さん。その理由は「命の限られた期限に納得がいっていないから」だそう。「『なんなん、死って?』っていうのがずっと疑問で。どこかで紐解けないかなと考えてるんです」と話しました。

T.M.Revolutionが昨年20周年を迎え、今年は西川さんが主宰している「イナズマロック フェス」が10周年を迎えます。また、2018年から「西川貴教」名義での活動もスタートさせるなど、さまざまな節目を迎えている西川さん。これを機に、いろんな人とコラボレーションして作品作りをしていきたいと考えているそうなので、川田の開発するテクノロジーと音楽のコラボレーションを、ぜひ実現してもらいたいですね!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「INNOVATION WORLD」
放送日時:毎週金曜22時−22時55分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/innovationworld/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。