体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界中のアーティストに愛される「ヤイリギター」が出来るまで。

世界中のアーティストに愛される「ヤイリギター」が出来るまで。

ポールマッカートニーや桑田佳祐など、著名なミュージシャンに愛用されている「ヤイリギター」。1965年の設立以来、メイド・イン・ジャパンにこだわり続けてきたそのギター工房が、岐阜県可児市にあります。世界中のアーティストに愛される「ヤイリギター」が出来るまで。

30人のクラフトマンの手から生まれる
1日20本の「本物」

世界中のアーティストに愛される「ヤイリギター」が出来るまで。

ヤイリギターでは、熟練の技術を持った30人のクラフトマンたちが1本1本手作業でギターをつくっています。1日に生産できる本数は20本ほど。この規模のギター工房としては決して多くはない本数ですが、プレイヤーに本物のギターを届けるために、手作業による多種少量のものづくりの姿勢を守り続けてきました。

「K.YAIRI」の誕生まで

世界中のアーティストに愛される「ヤイリギター」が出来るまで。

ギターづくりは基本的には分業制で、20近くある制作工程を職人がそれぞれ分担してギターを組み立てていきます。

まずは、木の個性を知り尽くしたクラフトマンが素材の木材を選ぶところから。木材が高く積み上げられた材料倉庫は一歩足を踏み入れると木の香りが漂います。湿度によって変形しないよう、材料を3〜4年、長いものではなんと10年以上も自然乾燥。日本の高温多湿の気候に慣らすことで、はじめてギターの材料として使うことができるのです。世界中のアーティストに愛される「ヤイリギター」が出来るまで。 乾燥させた板から、ギターのトップ(表面)に使う部分を選別してギターのひょうたん型に抜きます。ちなみに、トップに使われる木材は、直径1m以上の大木の丸太のうちたった3分の1と、とても貴重なものなんだとか。世界中のアーティストに愛される「ヤイリギター」が出来るまで。

大きな機械を使って行うのは、サイドの板をひょうたん型にしならせる工程。板をお湯にどっぷりとつけて水分を含ませた後、専用のプレス機でゆっくりと熱をかけながら美しい曲線を生み出します。

何年もかけて乾燥させた板を濡らしていいの? と思いきや、短時間に一気に水分を吸収させる分には、すぐに水分が抜けていくため影響がないそうです。世界中のアーティストに愛される「ヤイリギター」が出来るまで。

曲線を描いた最後の板と、ひょうたん型のトップの板を膠(にかわ)で接合するといよいよギターらしいかたちに! 接合部分は、バインディングと呼ばれる樹脂や木でできた装飾材で囲むように隙間を埋めていきます。

バインディングは見た目を美しく仕上げるだけでなく、角を保護するためでもあります。美しさと耐久性は、まさに表裏一体。世界中のアーティストに愛される「ヤイリギター」が出来るまで。

ここは、湿度管理された「シーズニングルーム」。塗装前のギターの保管庫です。

スピーカーから大音量で音楽が流れていました。徹底的に湿度管理がなされた部屋で、ギターに音を聞かせることで、完成前から振動を与え、よく鳴る楽器に育てるのです。その様子は、お腹の中の赤ちゃんへの “胎教” にも例えられます。世界中のアーティストに愛される「ヤイリギター」が出来るまで。
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。