体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「超」がつくほど料理初心者なアナタへ。

「超」がつくほど料理初心者なアナタへ。

初めて料理をしたこと、覚えてますか。僕の場合は、小学生の時に家族でキャンプに行った時。なかなか母親が包丁を持たせてくれなくて、「包丁つかうー、切るー!」と駄々をこねたことを思い出します。

今になって思うのは、

やっぱり子どもに包丁を持たせるのは怖い
大人でも、料理初心者の包丁使いにはハラハラする

ということ。
でも、何事も継続しないと上達なんてできない!
だからこんなアイテムが1つあるといいかもです。

「指をザクッ」に、さようなら

「超」がつくほど料理初心者なアナタへ。

そう、切れない手袋です。「超」がつくほど料理初心者なアナタへ。

皮革より4倍強い!

日曜大工中かな?と思うくらい、なかなかイケてない見た目ではあるものの、超高分子量ポリエチレンやガラス繊維、スパンデックス(ポリウレタン弾性繊維)など、強い繊維を組み合わせた素材でできているこの手袋。

DIY用のアイテムを発売するブランド〈NoCry〉の商品。皮革より4倍強いにもかかわらず、軽量で薄く、伸縮性があり、手にしっかりフィットするようです。「超」がつくほど料理初心者なアナタへ。「超」がつくほど料理初心者なアナタへ。「超」がつくほど料理初心者なアナタへ。

子どもの興味にも
安心して応えられる

サイズ展開も豊富で、子ども用もあるため、食材切りなど下ごしらえも安心して子どもに任せられそう。

せっかく子どもが興味を示したのであれば、可能な限りそれに応えてあげることは親の務め。子どもの自立心を養うきっかけにもなるかもしれません。

今夜は家族みんなで料理を作ってみては?「超」がつくほど料理初心者なアナタへ。Licensed material used with permission by nocry.com, Instagram, Facebook

関連記事リンク(外部サイト)

中華包丁は使いこなせない。でも、これならイケる!
料理上手が「ザワついた」キッチンツール
短い北欧の夏を「食」で楽しむ家庭料理

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。