体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

増田惠子 約13年ぶり新作リリース! 作詞:阿久悠、作曲:加藤登紀子、編曲:ヒャダイン

増田惠子 約13年ぶり新作リリース! 作詞:阿久悠、作曲:加藤登紀子、編曲:ヒャダイン

 増田惠子が、約13年ぶりとなるニューシングル『最後の恋/富士山だ』を2月21日に発売する。

 増田惠子は1976年にピンク・レディー「ペッパー警部」でデビューし、「UFO」など作詞家の故・阿久悠 作品が大ヒット。81年に発表した解散前最後のシングル『OH!』が最後の阿久作品となった。解散後はソロ活動のほか女優として映画・ドラマに出演するなど精力的な活動を続け、2005年12月に15年振りのシングル『奇蹟の花』を発表。そして2月21日にソロ転向後初となる恩師の阿久による作詞の新曲をリリースする。

 「最後の恋」は、阿久の未発表詞に加藤登紀子が作曲したラブ・ソング。レコーディングは印字された歌詞を見ながらマイクの前に立った増田が「阿久先生の直筆のものはありませんか」とオーダーし、原稿用紙にペンを走らせた直筆歌詞を用意して行われた。また「富士山だ」は加藤が2014年にリリースした作品で、昨年4月に増田のコンサートを観覧した際に「何で歌って踊らないの! あなたはピンク・レディーのケイちゃんだということを忘れては駄目」と振り付けも印象的な同曲を贈ったという。なお両曲ともに編曲はヒャダインこと前山田健一が担当している。

◎リリース情報
シングル『最後の恋/富士山だ』
2018/2/21 RELEASE
<CD> COCA-17419 1,204円(tax out.)

収録曲:
「最後の恋」作詩:阿久悠 / 作曲:加藤登紀子 / 編曲:前山田健一
「富士山だ」作詩:阿久悠 / 作曲:加藤登紀子 / 編曲:前山田健一
http://columbia.jp/artist-info/masudakeiko/info/58704.html

関連記事リンク(外部サイト)

安室奈美恵 ラストドームツアー開幕
【ビルボード】Hey! Say! JUMP『マエヲムケ』が26万枚の売上でシングル・セールス首位 TWICEは2週目も好調なセールス
藤井フミヤ×スタレビ、山崎育三郎ら【LIVE SDD 2018】で、全国154万人のメッセンジャーと飲酒運転撲滅のメッセージを発信

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。