体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アロノフスキー監督のサイコ・スリラー『マザー!』 日本公開中止の衝撃作がデジタル配信とブルーレイ&DVDでリリース[ホラー通信]

『ブラック・スワン』で世を震撼させたダーレン・アロノフスキー監督の最新作『マザー!』2018年1月に日本公開が予定されていながら突如、米スタジオ パラマウント・ピクチャーズの意向で中止となった話題のサイコ・スリラーだ。このたび日本でのブルーレイ&DVDのリリースが決定。デジタル先行配信と、TSUTAYAでの先行レンタルも予定されている。

<ストーリー>
ある郊外の一軒家に妊婦の妻と夫が住んでいた。ある夜、家に不審な訪問者が訪れる。夫はその訪問者を拒むこともせず招き入れる。それをきっかけに、見知らぬ訪問者が次々と現れ様々なトラブルを起こす。それと共に豹変し始める夫。そんな夫と訪問者たちに不信感と恐怖を募らせていく。

不審な訪問者に翻弄される妻をジェニファー・ローレンス、豹変する夫をハビエル・バルデムが演じる。

今作は第74回ベネチア国際映画祭で金獅子賞にノミネートされるも、その内容から上映時物議を醸し、喝采とブーイングが入り乱れた。監督は今作に関しては多くは語らず、映画で描かれる様々な“不可解な事柄”は「何の予備知識も無く見てほしい」、賛否両論が起こったことについては「ローラーコースターみたいな映画だから、勇気がある人だけ乗ってくれれば」とコメントしているとのこと。

あわせて予告編も解禁。何かに導かれるように家中を歩き回る妻の姿に、意味深な会話と激しい口論がかぶせられ、不穏なムードを醸し出している。

今回発売されるブルーレイ&DVDには、特典映像として、監督・製作スタッフ・キャストたちが語る製作の舞台裏が約30分、そして担当者が撮影での特殊効果について語るインタビューが約7分収録される。

『マザー!』

4月25日(水)ブルーレイ&DVDリリース
3月7日(水)デジタル先行配信
3月23日(金)TSUTAYAにて先行レンタル
公式サイト:http://paramount.nbcuni.co.jp/mother/

ブルーレイ+DVDセット \3,900(税抜)
発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント

【STAFF】監督:ダーレン・アロノフスキー 『ブラック・スワン』『ノア 約束の舟』『レクイエム・フォー・ドリーム』
【CAST】ジェニファー・ローレンス、ハビエル・バルデム、エド・ハリス、ミシェル・ファイファー

(c) 2017, 2018 Paramount Pictures.

ホラー・カルト映画&ホラーエンタメ情報の『ホラー通信』はこちら – http://horror2.jp[リンク]

レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。