体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

iPhone音声入力による文字起こし精度がヤバい

iPhone音声入力による文字起こし精度がヤバい

資料作りで苦労するのがテキストの入力。PCに向かってキーボードをカチャカチャと打っても、入力スピードには限界があります。そこで活用したいのがiPhoneの音声入力による文字起こし。耳で聞いた言葉をしゃべると自動でテキスト化してくれます。しかもiPhone音声入力はヤバいくら精度が高いのです。

iPhoneの音声入力の精度の高さ

スマホの普及で、現代の学生らはPCのキーボードのブラインドタッチが苦手だといいます。そこで、彼らが利用するのがスマホのフリック入力…と思いきや、それすらも使わないのが今のトレンドです。

なんと文字起こしを音声入力で行っているといいます。録音した音声を聞きながら、それをiPhoneに向かってブツブツしゃべるだけで、自動で文字起こしが完了するというわけです。

驚くべきはiPhoneの音声入力の精度の高さ。ちょっと早口でも難なく聞き取ってくれます。文中の「、(テン)」や文末の「。(マル)」、さらには「!(ビックリマーク)」なども認識可能です。

iPhone音声入力はメモ帳を開く

iPhoneの音声入力による文字起こしをするには、標準のメモ帳を開いてキーボード下部にあるマイクボタンをタップするだけ。あとはマイクに向かって、テキストを読み上げていけば文字起こししてくれます。

実際にiPhone音声入力による文字起こしを試してみると、漢字の変換はパーフェクトで、明らかな間違いは助詞の「に」が抜けてしまった1か所だけ。資料作りにも使えるレベルでした。

Androidスマホでも試してみましたが、こちらは長文の聞き取りがかなり苦手。2行以上の長文になるとフリーズして検知されなくなってしまいます。音声入力による文字起こしはiPhoneの方が向いているようです。

関連記事リンク(外部サイト)

iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
iPhoneを自動録音アプリで盗聴器にする方法
iPhone浮気調査!恋人の着信履歴を自分の端末で!?
iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違っていた

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy