体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

婚活の本気!引かれるモノと惹かれるモノのちがいとは by おおしまりえ

婚活の本気!引かれるモノと惹かれるモノのちがいとは by おおしまりえ f:id:zexyenmusubi_honnest:20180219163211p:plain

「今年こそいい人と出会って結婚したい!」婚活に気合が入っている女子はそう思うことでしょう。

巷にはさまざまな婚活テクニックが溢れており、それに従えば婚活では何をすべきか、どう男性にアプローチしていけばいいのか、わからなくなることは恐らくありません。(結果がどう出るかは別として)

でも、「本気!」という真面目な気持ちを持ちすぎてしまうと、実は婚活テクニックは、引かれる要素に変身するものもあります。

なぜそれがダメなのか。引かれる境界線はどこにあるのか。逆に本気になっても引かれず、惹かれる婚活のポイントはないのか、考えていきたいと思います。

こんな“本気”が婚活で引かれるポイントになる

まずは引かれるポイント、について3つの要素をご紹介します。本気になったがゆえに得た知識や行動が、こんなアダを生み出すことがあるんです。

1:マニュアル通りの攻略はほどほどに

婚活でモテたいなら「清楚な格好」「ニコニコ笑顔で」「相手の話を丁寧に聞く」などなどなど、上手くいくためのテクニックは様々いわれています。

しかし、実際の婚活の場面で、これらテクニックを愚直におこなうと、正直相手の男性には本気度がひしひしと伝わってしまい、「なんか怖い…」と思われることすらあります。

過去男性に聞いた話だと、婚活イベントで出会ったある女性は、清楚で明るく、最初の印象はよかったのだそうです。

しかし話をしていくと、可愛いし愛想もいいのに、一言で言って無個性そのもの。「趣味は料理」「好みは優しい人」「結婚はタイミングが合えば」と、意見や質問を振っても全てが模範解答っぽいものしか返ってこず、男性的には「いくら話しても、彼女と距離が縮まった気がしない」と感じたそうです。

結局この2人はマッチングしなかったそうですが、相手の好感度を高めるために、自分を殺しすぎてはいけませんし、テクニックに走りすぎてもいけません。装う部分と主張する部分は、明確にしておいた方が、実は婚活は上手くいくのかもしれませんよ。

2:ゴールを意識しすぎて結婚に急いではいけない

主張する部分は明確に…とは言いましたが、こと結婚タイミングについては、本気の気持ちを初対面で言い過ぎると、男性もドン引きしてしまう可能性があります。

実際あった例でいえば、「本気限定」とうたった婚活パーティーで、「今年中に結婚したい」というある女性がいたそうです。その希望自体は全く問題ない希望ですが、男性側から結婚の希望について話が振られると、よくぞ聞いてくれましたとばかりに、結婚を急ぐ理由を切々と語りだしたのだとか。

もちろん結婚はその後の人生計画に関わる問題なので、期限も希望も設けた方がいいです。でもだからといって、それを全面に出しすぎると、実は「結婚は絶対したいけど、期限はタイミングがあったとき」くらいに考えている本気男性すらも、引かせてしまう可能性があります。

難しい問題かもしれませんが、結婚や子どもに対する希望は明確に持ちつつも、最初の段階でアピールしすぎないよう、気をつけてみましょう。

3:情報交換やネットワークは持ちすぎてはいけない

婚活に本気になると、いろんなところへ足を運び、そしていろんな情報を手にしていきます。「◯◯は出会える」とか「ネット婚活はここに気をつける」とか「こういう男性は要注意」とか。

それは大切な情報資産ですから、ぜひ大事にしていただきたいのですが、こういった情報は、持ちすぎると危険な面もあります。

まず、婚活を意識して出会った男性であっても女性が「婚活に詳しい」という情報が伝わると、引いてしまう方が一定数存在します。同時に、婚活にあなた自身が詳しくなると、つい目の前の男性を細かく評価してしまうようになるのです。

1 2次のページ
ホンネストの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy