体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スイーツのビッグイベント入賞作が資生堂パーラー本店に登場

資生堂パーラーの銀座本店ショップにて、『2017ジャパン・ケーキショー東京』入賞作品「ボンボン ショコラ2018」が数量限定で登場する。販売期間は2月20日(火)~3月14日(水)で、価格は2808円(税込)。

『2017ジャパン・ケーキショー東京』は、毎年10月に開催される東京都洋菓子協会が主催する製菓業界の作品展。日本国内だけではなく、海外まで広く知られている日本最大の製菓業界を代表するビッグイベントだ。2017年は「資生堂パーラー銀座本店」のパティシエールがコンフィズリー部門で入賞。その入賞作品「ボンボン ショコラ2018」が実際に食べられるというのだ!

「ボンボン ショコラ2018」は、“フランスとワイン”をテーマに作り上げたやさしい味わいのショコラ。箱を開けた瞬間、さらに口に入れた瞬間にも幸せが広がるようにという想いを込めて、果物をイメージしたフォルムとカラーを工夫している。0.1gずつ微調整することで実現した色合いと美しいコントラストは、目でも存分に楽しめる逸品だ。

フレーバーは3種。明るいオレンジが食欲をそそる「オランジュ アブリコ」は、バニラガナシュにフレッシュオレンジとドライアプリコットのコンフィチュールを合わせている。フルーツの程よい酸味の中にバニラの香りが広がる味わいだ。

深いグリーンが印象的な「テ オ レ」は、アールグレイティーの華やかな香りをとじ込めたミルクガナシュをスイートチョコレートで包んでいる。

神秘的なパープルの「カシス レザン」は、ぶどうガナシュにカシスのコンフィチュールを合わせた。フルーティなぶどうの香りの後に続くカシスの深い果実味とショコラのマリアージュが体験できる。

ホワイトデーの贈り物にもぴったりな3色の艶やかなショコラ。数量限定につき、なくなり次第終了となるので、早めのチェックがおススメだ。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。