体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

箱根スイーツコレクション「星の王子さまミュージアム」はヒツジモチーフ

箱根スイーツコレクション「星の王子さまミュージアム」はヒツジモチーフ

 2018年も恒例の「箱根スイーツコレクション」が、2月1日〜4月8日の期間で開催中です。今春のテーマは「フォトジェニックスイーツ」。味わうだけでなく、写真に撮ってSNSにアップして楽しんで、という内容になっています。このため、どこもインスタ映えしそうなスイーツが勢ぞろいしていますが、仙石原にある「星の王子さまミュージアム」は、作品の世界観を想像させる、食べる人によって完成するというユニークなスイーツを提供しています。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 今年で21回目を迎える「箱根スイーツコレクション」。小田急ロマンスカーの車内やホテルをはじめ、箱根エリアの様々な場所で、それぞれの趣向を凝らした色とりどりのスイーツが楽しめる、楽しいイベントです。

 仙石原にある「星の王子さまミュージアム」のレストラン「ル・プチ・プランス」では、作品の世界観を想像させる、ヒツジをモチーフにしたスイーツが登場。注文すると、やってくるのはいちごソースとクッキーが添えられた、ふわふわなわたあめ。

 まずは「星の王子さま」の冒頭、砂漠の真ん中で「ぼく」が「王子さま」から最初にかけられた言葉「ねぇ、ヒツジの絵を描いて……」にしたがって、クッキーに付属のチョコペンでヒツジの顔を描いてみましょう。わたあめが、ふわふわのヒツジになりました。

 では、わたあめにイチゴのソースをかけていただきましょう。すると……溶けたわたあめの中から、イチゴのミルフィーユが現れました!「星の王子さま」の中で、キツネが王子さまに教えてくれた「大切なものは、目に見えない」という言葉のように、目に見えないところから素敵なスイーツが。この様子はそっても劇的なので、ぜひ動画で撮っておくといいですね。


 ミルフィーユは上から見ると、星の形のようなシェイプ。散りばめられた銀色のアラザンと合わせて、砂漠で「ぼく」が王子さまと見上げた星空のようです。

 この「星の王子さまミュージアム」の箱根スイーツコレクション特別メニュー「ヒツジと星空のミルフィーユ」は、1日限定20皿で単品850円(税込)。コーヒー・紅茶セットは税込1100円(学生証提示で税込1000円)、ローズティーセットは税込1200円(学生証提示で税込1100円)です。レストランのみ利用の場合は「星の王子さまミュージアム」入園料は不要です。

画像:星の王子さまミュージアム

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

ポテチがめっちゃ取りやすい「スナックボウル開け」 確かにこれは良い!
京大の方角向いて切った「究極の縁起カツ」登場 レジでは合格祈願のおまけつき
熱い想いの電車道 ドス恋!「角力チョコレート」

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy