体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ジューシーな脂がたまらない!「のざき牛・素焼きステーキ」

2月17日放送の「ぶらぶらサタデー」(フジテレビ系、午後12時00分~)では、もみ殻かまどご飯とのざき牛の素焼きを求めて路線バスで旅する特集で、「二木屋」(埼玉県さいたま市中央区)が紹介された。

同店は、JR北浦和駅西口から徒歩8分程にあるお店。会席料理が楽しめるお店で、建物は国の登録有形文化財に指定されている。

お店に訪れたお笑いコンビ「タカアンドトシ」のタカさん、トシさん、温水洋一、篠原ともえさんの4人はコース料理「のざき」(13,000円)を頂く事に。最初に運ばれてきたのは、栗渋皮煮、子持昆布、サーモンのお寿司、烏賊黄身焼、河豚皮煮凍りを盛り合わせた前菜。篠原さんが「子持昆布」を頂くと「う~ん!いいお味!プッチプチ」とコメント。トシさんが「河豚皮煮凍り」を頂くと「うま!弾力のある煮凍りでこのお出汁の香りが良いね」と絶賛した。「お椀」は、尼鯛・敷大根・つる菜・椎茸の具材が入った一品。篠原さんが尼鯛を頂くと「ん?えっ噛まない?うわっ崩れちゃった、美味しいお出汁が染みてて・・・すごく甘いですね~絶対に大好き」と絶賛していた。「造里」はマグロ・鯛・平貝・焼河豚のお刺身を盛り合わせた一品。タカさんがマグロを頂くと「美味い!甘い・・・これは美味しい!参りました」とたまらない様子でコメントした。

「のざき牛・素焼きステーキ」はブランド牛「のざき牛」を素焼きにした一品。タカさんがステーキに塩をつけて頂くと「やばいっすよこれ・・・めちゃくちゃ美味い!何すかこれ?めちゃくちゃ美味いすよ!今まで食べた中で一番だね」と絶賛。篠原さんがワサビ醤油につけてステーキを頂くと「さすがブランド牛!全然違いますね!ジューシーなんですけど出てくる脂が上品でさらっとしてるというか・・・美味しい!私も1番かも」と絶賛していた。

こちらのお店のご飯は籾殻竈で炊き上げている。炊いた時に出来るおこげをご飯茶碗の上に載せて提供しているそうだ。タカさんがご飯を頂くと「測定不能ですねこれ…旨味が凄すぎるという事です、強烈な旨味ですよこれ!やばいです、今までの米の概念がぶっ壊れましたよ!甘くて旨味がすごい・・ギュッと!」と絶賛していた。お茶碗には蒸気を逃す穴が開いており、蒸れを防いでいる。時間がかかっても水っぽくならずに硬めのご飯が味わえるのだとか。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:国登録有形文化財・二木屋 (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:さいたま新都心・与野のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:さいたま新都心・与野×和食のお店一覧
具だくさんでたこ焼きのように丸い「ホワイト餃子」
フワフワ食感がたまらない!「白身魚と卵白のふわふわ炒め」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。