体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大ぶりの3年物かき「極上かきカリー」

2月18日放送の「ウチくる!?」(フジテレビ系、午後12時00分~)では、ゲストとグルメタウン荻窪を巡った中で、「すぱいす」(東京都杉並区)が紹介された。

同店は地下鉄丸ノ内線・窪駅西口から徒歩3分、 食通の間で評判のカレー店だ。

紹介されたのは名物「極上かきカリー」(1,625円)で、サラサラのスープ状カレー。カリーソースにトマトピューレを加え、鶏ガラ・牛骨・牛すじ・香味野菜ブイヨン、20種類の挽き立てスパイスをベースにしている風味豊かな一品だ。こちらは宮城県産3年物の殻付き大ぶりかきあわせたもので、冬期限定で提供されている。
かきカリーを頂いたのは、店を訪れた中川翔子さん、中山秀征さん、角野卓造さん。「スープみたいにさらさら」「うわ、めっちゃヤバイです、いわゆる僕らが想像しているカレーとはちょっと違う」「これね、朝から食べられます、かきがすごいすごい」「めちゃめちゃあう、プリップリ!」と口々に絶賛だ。

他にもお店で提供されているのは、手羽元が2本入っている「骨付きチキンカリー」(972円)で、肉が、ほろっと骨から取れるのが特徴の一皿なのだそう。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:すぱいす (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:荻窪のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:カレーのお店紹介
ぐるなび検索:荻窪×カレーのお店一覧
具だくさんでたこ焼きのように丸い「ホワイト餃子」
フワフワ食感がたまらない!「白身魚と卵白のふわふわ炒め」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。