体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

和楽器バンド、オーケストラとの初コラボで魅せた! 4月にはニュー・アルバムも!!

和楽器バンド、オーケストラとの初コラボで魅せた! 4月にはニュー・アルバムも!!

和楽器バンドが、2月18日(日)に〈和楽器バンド Premium Symphonic Night 〜ライブ&オーケストラ〜 in大阪城ホール〉を開催した。

今回の〈和楽器バンド Premium Symphonic Night〉は、第1幕「和楽器バンドライブ」と第2幕「和楽器バンド×The WGB Symphonic Orchestra」の2部構成。一夜限りのプレミアム・ライヴに約8,500人が魅了された。

第1幕「和楽器バンドライブ」は、1月にリリースされた最新シングル「雪影ぼうし」でスタート。 鈴華(Vo)は「今回はまだ見せたことのない和楽器バンドを見せられると思います。第1幕はいつもの和楽器バンド、第2幕はオーケストラの皆さんと一緒なのでサウンドそのものを楽しんでいただきたいです」と話すと、「千本桜」や「雪よ舞い散れ其方に向けて」、鈴華と町屋(Gt)のツイン・ヴォーカルが魅力の「シンクロニシティ」など、終始大胆かつ繊細なパフォーマンスでオーディエンスを圧倒した。

そして、初のオーケストラとのコラボレーションとなった第2幕「和楽器バンド×The WGB Symphonic Orchestra」では、鈴華が「鳥のように」を和楽器バンドとしては初となるピアノの弾き語りで披露。その後も疾走感あふれる「反撃の刃」や「雨のち感情論」、バラード曲「オキノタユウ」などをオーケストラによる壮大なアレンジでパフォーマンス。鈴華の唯一無二の歌声がいっそう心に響きわたった。

なお、アンコールのMCで約1年1ヵ月ぶりとなるオリジナル・アルバムを4月25日にリリースすることを発表! 4月28日(土)からは和楽器バンド史上最多公演となる全国ツアー(25ヵ所26公演)の開催も決定している。(雄)

〈和楽器バンド Premium Symphonic Night~ライブ&オーケストラ~ in大阪城ホール〉
-第1幕-
01.雪影ぼうし
02.千本桜
03.雪よ舞い散れ其方に向けて
04.花一匁
05.シンクロニシティ
06.あまりりす
07.起死回生
08.花になれ!
-第2幕-
09.Overture
10.鳥のように
11.反撃の刃
12.雨のち感情論
13.オキノタユウ
〈ENCORE〉
01.流星

和楽器バンド、オーケストラとの初コラボで魅せた! 4月にはニュー・アルバムも!! 和楽器バンド、オーケストラとの初コラボで魅せた! 4月にはニュー・アルバムも!! 和楽器バンド、オーケストラとの初コラボで魅せた! 4月にはニュー・アルバムも!!
エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。