体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

水曜日のカンパネラが提案!前向きになるために「作る」ものって?

水曜日のカンパネラが提案!前向きになるために「作る」ものって?
J-WAVEで放送中の番組「SPARK」(水曜担当ナビゲーター:水曜日のカンパネラ)。2月14日(水)のオンエアでは、リスナーから相談を受けて、前向きに考える方法について語りました。

紹介した相談は、19歳の学生から届いた「大学の試験を控えています。おふたりは、試験前はどういう風に過ごしていましたか? 自分は勉強しなさすぎて、一周回って『なんかいけそうな気がするモード』に入っています」というもの。

コムアイは、前向きに考える方法について、ある夫婦が話していたことを例に話を切り出しました。

コムアイ:ある夫婦の旦那が「前向きになる方法がわかった」といって奥様にメールを送ったの。右脳は“今”を担当していて、左脳は“過去と未来”を論理的につなげる働きをもつという説があって「過去にこうだったから未来はこうなる」と思うと鬱っぽくなるんだって。だから「右脳のパワーが弱まってる」と思って、自分で切り替えると、少し楽になるんだって。
ケンモチ:確かに過去と比較したり、未来を不安に感じたりすると、それがストレスになるよね。

過去が未来を決めると思うと、悪い考えのほうにいってしまうそうです。「その考えでいくと、『一周回っていけそうな気がする』という考えは、過去と未来が繋がってないから、いい感じの状態になっているのでは」と、コムアイは推測しました。

また、ケンモチによると、過去と比較したり、未来を不安に感じたりするとそれがストレスとなって鬱になると言われているため、今のことに没頭するといいそうです。

コムアイ:ガンダムのプラモデルを作るといいかも。
ケンモチ:いいかも。ガンプラは大抵うまく作れるし。
コムアイ:ガンプラは裏切らないからね(笑)。

気になる話題について一刀両断する「ニュース拾い食い」のコーナーでは、「俳優の山田孝之さんの『1日受け付けをする権利』が、2700万円で落札された」という話題を取り上げました。

コムアイ:山田孝之さんが、電話とかつないだりするわけでしょ。受付って、会社のことを全部知らないとつなげないよね。
ケンモチ:横にベテランのお局がいるとか。
コムアイ:キャッチとかやってほしかったな。スカウト会社とかが落札してたらおもしろそう。居酒屋の呼び込みとか。

と、想像が膨らんでいきました。そのほか、「SPARK BOX」のコーナーでは、居心地がよくなるような作品を紹介しました。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SPARK」
放送日時:月・火・水・木曜 24時−25時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/spark/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。