体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Licaxxx「生きている間に出たい」オランダの大人気フェスって?

Licaxxx「生きている間に出たい」オランダの大人気フェスって?
J-WAVEで放送中の番組「SONAR MUSIC」(ナビゲーター:藤田琢己)。2月14日(水)は、Licaxxxとのコンビでお送りしました!

注目の新譜、いま聴くべき名盤、話題の来日アーティスト、イベントなどを週替わりで掘り下げていくコーナー、「FEATURE TOPICS」。今週は「一度は行きたい海外フェス!」と題して世界中の海外フェスを特集しています。

3日目となるこの日は、オランダのダンスフェス「Dekmantel Festival」をピックアップしました。Licaxxxが「生きている間に出たい」と言うこのフェスは、オランダ・アムステルダムで開催されている、ダンスミュージックの世界最高峰のフェスティバルのひとつ。

名門Rush Hour系列のレーベルにして、キュレーターでもあるDekmantelが、広大な森林公園アムステルダムセ・ボスで開催しています。

まだ実際に行ったことはないという藤田とLicaxxxですが、会場の様子はネットなどで見ているそう。「僕らはフェスというとネイチャー系かパリピ系か、みたいなイメージがありますけど、それとはまた違う雰囲気なんですよね。すごいオシャレなんです」(藤田)

今回は、実際に「Dekmantel Festival」に行ったことがある、「Rainbow Disco Club」のオーガナイザー、ツチヤマサヒロさんをスタジオにお迎えしました。

さて、「Dekmantel Festival」についてですが、まずはその会場である公園がとんでもない広さで、公園の入り口から会場までタクシーで10分ほどかかるそう。

昨年は6ステージだったのですが、今年はもう1ステージ増えるとのこと。1番大きいステージは1万人が余裕で入る広さで、一番小さいステージは数百人規模だそうです。

日本でもたくさんのフェスが開催されていますが、ツチヤさんが「Dekmantel Festival」のすごさを感じたところはどんなところなのでしょうか。

「今までけっこう海外のすごい有名な方がいっぱい来られてたりするんですけど、だんだんメインフロアが、ローカルのアーティストが増えてきてるんですよ。だから還元してるんですよね。きっと」(ツチヤさん)

フェスティバルの知名度が世界的になったことで、逆に大きなステージをローカルのアーティストに用意してあげている印象があるそうで、それがすごく感動的だったとのこと。

ヘッドライナーをつとめたアーティストが翌年はすごく小さなステージのオープニングに登場することもあり、毎回どうなるのかがとても楽しみなのだそう。

今年は8月に開催するのですが、Licaxxxはバッチリ予定を空けているそう! おみやげ話を番組でしてくれる日が楽しみですね。

そして日替わりのナビゲーターにスポットを当てるコーナー、「DAILY SESSIONS」では、Licaxxxよる生DJ MIXをお送りしました。

バレンタインデー当日ということで“甘々ver.”でお届けするとスタートしたのですが、いざ終わってみると「思ったより“甘い”より“辛い”が強かったかな。後半戦はわりとふざけ始めた(笑)」とLicaxxx。しかし、藤田は「スタイリッシュな甘さ」とかなり楽しんだようです。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SONAR MUSIC」
放送日時:月・火・水・木曜 21時−24時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。