体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

帰宅してすぐに温かい食事が食べられる! 元Appleエンジニアが開発したキッチンロボ「Suvie」は遠隔操作に対応

仕事で疲れて帰宅し、そこから食事の準備をするのはなかなか大変だ。スーパーやデパ地下、コンビニに寄るのすらも億劫、というときだってあるだろう。

そこで元Appleエンジニアが開発したのが、オーブンと冷蔵が合体したようなキッチンロボット「Suvie」。これを使って遠隔操作で食事を準備でき、帰宅してすぐに温かい食事が食べられる。

・大人2~4人分を調理

Suvieは大型の電子レンジのような外観で、横に水を入れるタンクがついている。中は4つのゾーンに分けられ、焼く、茹でる、蒸すといった調理が可能となっている。

例えば、パスタを茹でながらパスタソースを温め、と同時に野菜と肉をグリルする、なんてことができるのだ。一度に大人2~4人分の調理が可能という。

・食材をセットするだけ!

しかも、Suvieでは調理の設定なども一切お任せできる。配達される専用の食材のパッケージにチップが埋め込まれていて、それをSuvieのセンサーにかざすと調理法を読み込む仕組みだ。

さらに嬉しいことに、SuvieはWi-Fiに対応し、外出先から専用アプリを使って調理仕上がり時間を設定できる。朝、出かける前に食材をSuvieに入れさえすれば、帰宅時間に合わせて仕上がるようセットできるのだ。

プロのシェフが手がけたというソースなどの食材は冷凍された状態で毎週送られてくるので、買い出しも不要。メニューは1000以上のオプションが用意されているので飽きることはなさそう。

忙しい家庭でも時間や手間をかけずに、温かくて栄養価のある食事をとれるように、との思いで開発されたこのSuvieは現在、クラウドファンディングサイトKickstarterで479ドル(約5万1000円)〜となっている。

残念ながら米国内のみの発送だが、共働き世帯、1人暮らしが増えている日本でも需要はありそうだ。

Suvie/Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。