体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ポーランド空軍がM-346練習機を受領・運用開始

ポーランド空軍がM-346練習機を受領・運用開始

 2018年2月16日(現地時間)、ポーランド空軍がイタリア製の新型練習機、アエルマッキM-346の初号機を受領し、運用を開始したと発表しました。ポーランドは2014年2月に8機のM-346を発注していました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 M-346を受領したのは、ポーランド空軍第41教育基地にある、第4教育航空団。ポーランドの国産ジェット練習機、TS-11イスクラ(ポーランド語で「閃光」の意)の老朽化に伴い、新しいジェット練習機として導入したものです。

 受領後、ポーランドでの初飛行を行ったのは、教官パイロットのミロスロウ・コペッチ大尉。後席にイタリアからのパイロットを乗せ、片方のエンジンを停止させたり、フラップを展開しない状態での着陸など、緊急事態での手順などをチェックしました。

 M-346のメーカー側の愛称は「マスター」ですが、ポーランド空軍では「ビエリク(Bielik。ポーランド語で「ワシ」の意)」という愛称で呼ばれることになります。

 ポーランド空軍は8機のM-346を導入しますが、あわせてスペアパーツや消耗品、ITシステムに技術サポートパッケージなども導入します。グラスコクピット化されたM-346練習機を導入したことで、これからのパイロット教育の質が高まることが期待されています。

 Image:Polska Lotnisku Wojskowym

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

アメリカ空軍がハワイで燃料電池車を運用中
ボーイング737 MAX 9がアメリカの型式証明を取得
グアムで日米豪合同訓練「コープノース」始まる

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。