体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【知っておきたいマナー】出産の報告はいつ・誰に・どう送る?

【知っておきたいマナー】出産の報告はいつ・誰に・どう送る?

無事出産を終え、赤ちゃんとの生活が始まる…。そのまえに、お世話になった方々に出産の報告が必要ですよね。どのタイミングで、誰に、どのように出産報告をするか悩んでいる方も多いはず。マナーのプロに出産報告の仕方や注意点を、文例を交えて教えてもらいました。

出産報告は「いつ」「どのような方法で」?

出産報告は基本的に、この日までにこのような方法で報告をしなければならないという決まりはありません。ここで紹介するのはおおよその目安です。母子の体調を第一に考えて、焦らずに連絡をしましょう。
事前に、夫婦ふたりで相談をして、連絡先や連絡順などを決めてリストアップしておくと安心ですよ。

 

両親・親族への出産報告
お互いの両親には、できるだけ出産当日に母子ともに無事であることを報告したいもの。
ご主人に連絡を担当してもらうのが無理のない方法かもしれません。
状況に応じて、両親から親族へ連絡をしてもらうとよいでしょう。

 

会社関係の方への出産報告
会社の上司・同僚への報告も、お母さんの体調を優先し、負担のない範囲で報告を行いましょう。
また、会社へ報告する際の注意点として、最初に報告するのは直属の上司、続いて同僚、後輩となります。この順番を間違えると、自分が上司に報告する前に、上司がすでに出産したことを知っているという状況になるかもしれません。
報告する方法は、業種、職種に応じてメールでも構わない会社もあるので、会社の規定に従います。
また、体調が悪く報告が遅れてしまった場合は、お詫びと状況を説明すれば、今後の人間関係も円滑になるでしょう。

 

友人への出産報告
友人への出産報告は、相手との間柄に応じて、出産後1ヶ月以内を目安に報告するとよいでしょう。
親しい友人の場合は、産後の体調が回復した後、すぐに連絡しても構いません。
ただ、親しい友人がたくさんいる場合は、連絡するタイミングをできるだけ合わせた方がいい場合もあります。タイミングがずれると、人づてに出産したことを知る場合があり、あまりいい気分がしない人もいるからです。
また、友人への連絡は、電子メールやLINEなど、タイムラグの少ない手段が多いようです。電話ですと、通話がつらいときやどうしても長くなりがちなことがあるなど、躊躇してしまう人も増えてきています。

その他、普段それほど交流のない人や、ご無沙汰をしている人には、退院後に手紙やハガキを送ったり、暑中お見舞いや年賀状など時節の挨拶の際に伝えるという方法もあります。
しかし、遠隔地で連絡がつきづらい方、あるいは個人的にとてもお世話になった方には、落ち着いてから手紙を出すというのも、相手への感謝の気持ちが伝わり喜ばれるでしょう。

 

【例文集】出産報告のメールでの伝え方

© PIXTA

「両親や友人に出産報告をする時のメールの文面はどのようなものがいい?」。
そこで、ケースごとの例文をご紹介しましょう。
ただし、ここでの例文はあくまでも参考程度にしていただき、ご自身でアレンジしてくださいね。

 

両親・親族へはすぐに出産報告を

出産する妊婦さんとその旦那さんを除けば、もっとも出産を待ちわび、そして心配しているのはお互いのご両親でしょう。
出産報告メールの内容は、「生まれた年月日」「性別」「赤ちゃんの情報」などを簡潔に伝えるのがよいでしょう。それに、お母さんの体調なども添えて報告すると安心いただけるでしょう。
《両親への出産報告 例文》

「平成00年0月0日00時無事に女の子を出産しました。名前は結衣(ゆい)にしました。私も元気です。」

 

職場の上司や同僚へは、丁寧に出産報告を

社会人としては、職場の上司・同僚への出産報告も欠かせません。
産休中、自分の代わりに仕事を分担して受け持ち、協力してくれています。
無事に出産をしたことと感謝の気持ちを丁寧な文章で伝えましょう。
《上司・同僚への出産報告 例文》

「●●部長 この度は、出産に伴い長期間お休みをいただき、本当にありがとうございます。0月00日無事に女の子を出産いたしました。母子ともに元気です。まだしばらくはご迷惑をおかけいたしますが、なにとぞよろしくお願い申し上げます。落ち着きましたら改めてご連絡させていただきます。引き続きよろしくお願い致します。」

1 2 3次のページ
Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy