体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

旅人必見!世界の中で【水道水の飲める国】を一覧にまとめてみました

アジアは日本とどこ?旅人必見の世界【水道水の飲める国】
 

アジア編

アジアは日本とどこ?旅人必見の世界【水道水の飲める国】
アジアの漁

最初はアジアの国々から。米疾病気管理予防センターによると、水道水を飲める国は6カ国。

ちなみにこの場合のアジアとは、日本や韓国、北朝鮮、中国などの東アジアから、西はカスピ海、トルコとの国境、アラビア半島まで。北はロシアを除きモンゴルとカザフスタンまでを含んで、南は南アジア、ニューギニア島のパプアニューギニアを除く東南アジア全域を含みます。

水が飲める国を五十音順で並べると、

・イスラエル
・韓国
・シンガポール
・日本
・ブルネイ
・香港

となります。ブルネイとは東南アジアに浮かぶボルネオ島(カリマンタン島)の北部にある国です。周囲をマレーシアに囲まれた、南シナ海に面する王国ですね。

 

アフリカ編

アジアは日本とどこ?旅人必見の世界【水道水の飲める国】
南アフリカ

米疾病気管理予防センターの情報によれば、残念ながらアフリカには、旅人が気軽に水道水を飲める国は、存在しないという情報でした。

 

オセアニア編

アジアは日本とどこ?旅人必見の世界【水道水の飲める国】
オーストラリア ウルル
(C)Maurizio De Mattei / Shutterstock.com

次はオセアニア。この場合のオセアニアとは、ニューギニア島のパプアニューギニアから、太平洋に浮かぶ島々、さらにはオーストラリア、ニュージーランドを含むエリアを意味しています。オセアニアで水道水が飲めるエリアを五十音順で挙げると、

・オーストラリア
・ニュージーランド

になります。ちなみに筆者の友人であるニュージーランド人の周りでは浄水器を付けている人が多いそうですが、なくても普通に飲めるみたいですね。

 

北アメリカ編

アジアは日本とどこ?旅人必見の世界【水道水の飲める国】
アメリカ ディアブロ湖

この場合の北アメリカは、メキシコ以南のパナマに至るまでの中南米諸国、カナダ北東岸から見てデービス海峡の先に浮かぶデンマークの自治領グリーンランドを含みます。米疾病気管理予防センターによると、北米で水道水を飲めるエリアは、

・アメリカ合衆国
・カナダ
・グリーンランド

となっています。「え、ロサンゼルスでは水道水を飲むなと観光ガイドに言われたけど!」など、地域によって水道水の品質に差はあるはずですが、米疾病気管理予防センターでは基本的に飲んでも嘔吐(おうと)や下痢、病気を引き起こさないといった意味で「飲める」「飲めない」の判断がされています。

 

南アメリカ編

アジアは日本とどこ?旅人必見の世界【水道水の飲める国】
コロンビアの国立公園

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy