体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オシャレなデザインやブランド物のベビー服を買った!でもほとんど着られなかった理由とは…

f:id:akasuguope01:20170918154012j:plain

赤ちゃんが生まれると、可愛いベビー服を赤ちゃん専門店で見る度に購入してしまうものですよね。

長男を出産した時、たくさんの肌着やオシャレなベビー服に夢中になり、大量に購入しましたが、ほとんど着る機会がなかったです。

短肌着や長肌着などは必要だと思って購入しました。

しかし、1日のうち多くても3回ほどしか着替えることはなかったので、新品のまま余ってしまったものが結構ありました。

新生児はすぐ成長するので、1ヶ月半もすれば新生児サイズは着れなくなってしまったのです。

さらに、ハイブランドのベビー服を百貨店で奮発して購入した時も失敗。

デザインのみで選んでしまい、購入後にサイズが小さく入らないということが多々あったのです…。

ベビー服は基本的に試着などはできません。ですから、ベビー服は少し大きめを購入するべきだと実感しました。 関連記事:おみやげの外国製ベビー服。色落ちがひどすぎて一緒に洗った服まで全滅!

さらに、凝ったデザインのベビー服は着せにくかったり、おむつ替えが面倒だったりします。

一度、サロペットを購入した時は着替えさせるのが大変でした。

服の生地も厚手過ぎてしまい、下着を着せるとモコモコして気持ちが悪いのか、グズッてばかりいました。

結局、2、3度しか着ることがなく、売ってしまいました。

この経験から、私はベビー服は比較的安いものを購入するようになりました。

ネットのフリマや古着やリサイクルショップ、赤ちゃん専門店のsaleで購入するようにしました。

さらに、着れなくなったベビー服はネットで売ったり、ママ友にプレゼントしたり、子ども用の玩具に再利用したりと無駄にならないようにも心掛けています。

子どもの成長は本当に早く、「オシャレなベビー服はおでかけ専用にしよう」と思って買うと、ほとんど着る機会がなくサイズアウトしてしまう…というのが私の実感です。

関連記事:あっという間にサイズアウトしてしまう!新生児の服の買いすぎに注意

その経験を活かして、今は子ども服はワンシーズン着たら終わりと割り切って、選ぶようにしています。

f:id:akasuguope01:20170918145030j:plain

著者:tatto

年齢:27歳

子どもの年齢:11歳、8歳、1歳、妊娠27週目

男の子ばかりで賑やかな家庭です。三男が生まれてから、長男は面倒見がよくなり毎日のように遊んでくれています。これからの成長が楽しみです。 最近の趣味は、離乳食の創作料理にはまっています。何でも、良く食べていた三男が好き嫌いをしだしたので、あの手この手で毎日苦戦しています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

3月産まれの赤ちゃん。出産準備品として防寒着を1枚用意しておけばよかったです
女の子の可愛い服に夢中♪ だけどやっぱり「実用性」が何より大事!
サイズ展開は90cmまであり!ロンパースはいつまで着せてOK?

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。