体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

吉岡里帆、“憧れの人”岸田繁と対談 くるり新曲を語る

吉岡里帆、“憧れの人”岸田繁と対談 くるり新曲を語る
J-WAVEで放送中の番組「UR LIFESTYLE COLLEGE」(ナビゲーター:吉岡里帆)。2月18日(日)のオンエアでは、くるりの岸田繁さんをゲストに迎えてお送りしました。

岸田さんの大ファンと公言する吉岡。2016年の番組開始当時から、「岸田さん、来てくれないかな」と熱望していたそうです。なので今回、念願が叶って大興奮の様子でした。

はじめに、くるりが2月21日(水)にリリースするシングル「その線は水平線」の話題になりました。

吉岡:タイトルがまず好きです。
岸田:このタイトル、笑えません? なんのことですか? みたいな(笑)
吉岡:ゆるいなーって(笑)。この曲はどんな思いで作ったんですか?
岸田:これは新曲といいつつ、2010年頃のツアー中に作った曲です。何度か録音したんですけど、うまくいかなくて放置していた曲なんです。
吉岡:どんなところが、うまくいかなかったんですか?
岸田:作っている途中で「なんか違うな」って感じで。ただそれって、悔しいんですよね。何回も録音しようと思ったけれど、だんだんうまくいかない曲としてトラウマみたいになっていて。月日が経ってから「なんかいけるかも!」と思って録ってみたら録れたんで、ようやく着地しました。
吉岡:そんな経緯があったんですね!

続けて、岸田さんに訪れた、“ある変化”についての話題になりました。

岸田:くるりはずっと、一番新しい曲がいいって思い込んでやってきたんですけど、「その線は水平線」みたいに昔作ったけど録らなかった曲が結構あって、それが今朝作った曲より全然良かったりするんです。
吉岡:なるほど。
岸田:昔はそんな時「僕も歳をとって才能が衰えてきたんだな」って思ってしまって、でもそう考えると不安だから気持ちにフタをしてたんですけど、最近そんな気持ちはどうでもよくなってきて、いい曲も作るし、大したことない曲も作るから、それだったら昔のいい曲を出してもいいかなって。
吉岡:昔の曲を解凍して温めて出してみようかな、って感じですね。
岸田:そうそう。そうすることによって、新しい曲を頑張って書かないといけないって重荷から解放されて、イエーイ! ってなって、ラクできるんです(笑)。

歳を重ねるごとに、よりリラックした状態で曲作りをしている岸田さん。これからどんな曲を私たちに聴かせてくれるのか、楽しみです。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「UR LIFESTYLE COLLEGE」
放送日時:毎週日曜18時−18時54分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/lscollege/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。