体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ニュージーランドを知り尽くした男たちがつくる「究極のガイドブック」

ニュージーランドを知り尽くした男たちがつくる「究極のガイドブック」

かつてニュージーランドは、「羊の数が人の数より多い国」として旅人たちに知られていた。そこから受けた印象は、牧歌的。大自然はあるけど、退屈な国。そう勝手に思いこんでいた。でも、じつは、この南半球の小国はとてもアクティブでクリエイティブ。ITや起業、フード&ドリンク、アートやソーシャルにおいて、世界の最先端なのだとか。

「ここには、日本人が知らない魅力とコンテンツが限りなくある」。そう語るのは、音楽プロデューサーの職を捨てて2010年からニュージーランドで森の生活を送る、執筆家の四角大輔氏。50ヶ国近くを旅し、現地を熟知する彼が疑問に感じたのは、毎年、似たような情報ばかりでマンネリ化したガイドブックが多いことだという。

そこで、彼は、ニュージーランドのリアルな姿を正しく伝え、この国のイメージを一新するガイドブックを創る、という構想にたどりつく。

むき出しの
ニュージーランドを伝えたい

ニュージーランドを知り尽くした男たちがつくる「究極のガイドブック」

『Unplugged NEW ZEALAND〜未来の国のリアルを旅するガイドブック』

Unpluggedというのは、アコースティック構成による音楽パフォーマンス。ミニマムな生楽器と歌だけという「むき出し」の状態は、アーティストの「リアル=真髄」に触れることができる、とは四角氏の弁。

現段階ではまだ仮タイトルとのことだが、そのネーミングには彼の想いが込められている。

最強のチームによる
究極の一冊

ニュージーランドを知り尽くした男たちがつくる「究極のガイドブック」

ニュージーランドに移住して以来、自分を訪ねてきてくれる仲間や家族。また、この国に長く住む友人たち。「こんな素晴らしいのにガイドブックにすら載ってない」「もっと良いスポットやコンテンツがあるのに、なぜ?」。彼らの声は、四角氏の背中を押すきっかけとなる。

「先進的なニュージーランドのリアルな姿を届けたい」「これまでのガイドブックのスタイルにとらわれない究極の一冊にしたい」。独力では限界があると判断した四角氏は、ニュージーランド最強のチームを編成。メンバーは、ニュージーランド最大のメディア「NZdaisuki.com」代表の野澤哲夫氏、最も読まれているニュージーランド個人メディア「日刊ニュージーランドライフ」主催の長田雅史氏、ニュージーランド写真家の富永卓哉氏、そして四角氏となる。

4人に共通するのは、この国の「最新情報とリアル」を熟知して、何年間もニュージーランド情報を発信してきた強者たち。超ヒップな唯一無二のガイドブックができるのは間違いないだろう。

わずか1.5日で
目標額を達成

ニュージーランドを知り尽くした男たちがつくる「究極のガイドブック」

ガイドブックをつくるにあたりチームで合意された資金繰りは、個人からのピュアな支援を募るクラウドファンディング。理由としては、旅行会社や観光斡旋企業からの広告費で製作すると内容にウソや歪みが生じてしまうからなんだとか。

日本最大規模の「CAMPFIRE」で資金調達をしたところ、スタートから1日半という驚きのスピードで目標額の120万円に到達。さらに、ガイドブックをイメージ通りのカタチにするために200万円のストレッチゴールを呼びかけたところ、わずか5日目に達成した。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy