体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

安室奈美恵、国内最後のドームツアー名古屋公演より開幕!

2018年9月16日に引退する安室奈美恵のラストドームツアー『namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~』が2月17日(土)、いよいよ名古屋・ナゴヤドームにて開幕となった。
2月17日(土)@名古屋・ナゴヤドームのリハーサル時 (okmusic UP's)

本ツアーは国内ドームツアー17公演・約75万人とアジアツアー6公演・約5万人で、“国内ソロアーティスト史上ツアー最多”となる約80万人の動員を予定している。また、国内ドームツアーの申し込みは、約75万席に対し現在510万を超える応募が殺到。会場は、プレミアムチケットの初日公演を手にした幸運なファンで埋め尽くされた。

セットリストは280万通を超えたファンからの楽曲リクエスト上位の中から選曲された24曲と、ダブルミリオンを突破したオールタイムベストアルバム『Finally』収録の新曲6曲で構成されており、安室奈美恵25年の歴史が踏襲されたまさにベストライブだ。国民の誰もが一度は耳にしたことがある「CAN YOU CELEBRATE?」は白いドレスで歌い上げ、「Chase the Chance」などの代表曲では、過去の自分と今の自分がステージ上で“共演”した。2017年にNHKリオデジャネイロオリンピック・パラリンピック放送テーマソングとして大ヒットした「Hero」や、ダブルミリオンを突破したオールタイムベストアルバムのタイトル曲「Finally」など、新旧折り混ぜた全30曲を披露。ライブ終盤で安室奈美恵が、「騒げ!名古屋ー!」と会場を煽ると、観客のボルテージは一気に最高潮に。

また、フジテレビ系アニメ『ONE PIECE』主題歌としてオンエア中の「Hope」を披露した際には、先日スペシャルコラボレーションが発表された『安室奈美恵×ONE PIECE』の特別アニメが出し映像に流れるなど、随所に特別な演出が施されている。迫力のダンスパフォーマンスで魅せるアップテンポナンバーから、しっとりと歌い上げるバラードナンバー、時折魅せるキュートな笑顔など、安室奈美恵の魅力が詰まったラストライブに、感極まり涙するファンの姿も多く見受けられた。

本ラストツアーは、ナゴヤドームを皮切りに6月3日の東京ドーム公演まで開催予定。会場に訪れる方は、25年もの間、全国民を魅了し続けた歌姫・安室奈美恵の最後のパフォーマンスを目に焼き付けて欲しい。
【ライブ情報】
『namie amuro Tour Final 2018 ~Finally~』

2月18日(日) 愛知・ナゴヤドーム

2月24日(土) 福岡・福岡ヤフオク!ドーム

2月25日(日) 福岡・福岡ヤフオク!ドーム

2月27日(火) 福岡・福岡ヤフオク!ドーム

4月14日(土) 北海道・札幌ドーム

4月15日(日) 北海道・札幌ドーム

4月21日(土) 大阪・京セラドーム大阪

4月22日(日) 大阪・京セラドーム大阪

4月25日(水) 大阪・京セラドーム大阪

4月26日(木) 大阪・京セラドーム大阪

5月02日(水) 東京・東京ドーム

5月03日(木・祝) 東京・東京ドーム

5月05日(土・祝) 東京・東京ドーム

5月06日(日) 東京・東京ドーム

6月02日(土) 東京・東京ドーム

6月03日(日) 東京・東京ドーム

『namie amuro Tour Final 2018 ~Finally~ in Asia』

3月17日(土) 中国・深圳 深圳湾体育中心(Shenzhen Bay Sports Center)※開催予定

3月18日(日) 中国・深圳 深圳湾体育中心(Shenzhen Bay Sports Center)※開催予定

3月30日(金) 香港・香港コロシアム(Hong Kong Coliseum)

3月31日(土) 香港・香港コロシアム(Hong Kong Coliseum)

5月19日(土) 台湾・台北 台北アリーナ(TAIPEI ARENA)

5月20日(日) 台湾・台北 台北アリーナ(TAIPEI ARENA)
 (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy