体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Airbnbクルマ版 ! RV車が気軽に貸し借りできる「Outdoorsy」で快適キャンプライフ

部屋や家の貸し借りがオンラインで簡単にできるAirbnbは宿泊業界に新風を吹き込んだ。借りる側、貸す側ともにメリットがあるこのやり方を、RV車にもとり込めないか。

そんな発想のもと、北米で展開されているのが「Outdoorsy」。RV車を使わない時に貸し出したい人と、RV車を短期間使いたい人のマッチングサービスだ。

・所有者はだれでも登録可

RV車っていいなぁ、と憧れを持つ人は少なくないだろう。大自然の中を駆け回り、気に入った場所で宿泊する。電車や飛行機で移動してホテルに泊まる旅とは違う楽しみがある。

ただ、RV車はそれなりに値段がはる車。それでいて、年中使うかといえば、そうでもない。実際、憧れだったRV車を買ったはいいものの、活用機会が少なく何年かして手放す、というケースも少なくないのだとか。

そこで、Outdoorsyの出番だ。貸したい人は、車のタイプや製造年、長さなどを登録し、一方で借りたい人はロケーションや車のタイプなどで検索をかけて予約する。

・保険で100万ドルまで補償

Airbnb同様、鍵の受け渡しは当事者間でアレンジする必要があるが、そのほかの予約や支払いなどは全てOutdoorsyのプラットフォーム上で完結する。

おそらく、このサービスを利用するにあたって双方が懸念することの一つが事故のリスクだろう。これについては、どのレンタルにもOutdoorsyが個別に保険をかけていて、最大100万ドルまで補償される。

サイトを見ると、最新の設備を備えたものから、ビンテージもの、ファミリーで寝泊まりできる大型のものなど、さまざまなタイプが揃っている。

たまの使用だからこそRV車はレンタルでいい、というのは理にかなっていて、こうしたサービスが日本でもあれば意外に受け入れられるのではないだろうか。

Outdoorsy

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。