体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

グアムで日米豪合同訓練「コープノース」始まる

グアムで日米豪合同訓練「コープノース」始まる

 航空自衛隊とアメリカ海空軍・海兵隊、オーストラリア空軍が参加する合同訓練「コープノース2018」がグアム島のアンダーセン空軍基地で始まりました。アメリカ軍からは2000人以上、航空自衛隊とオーストラリア空軍からは合わせて約850人の人員、そして航空機は合計で100機以上が参加しています。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 コープノースは1978年に三沢基地を舞台に始まった合同訓練。1999年からはグアムのアンダーセン空軍基地に場所を移し、インド洋太平洋地域における軍・自衛隊の相互連携を図る訓練です。

 航空自衛隊からは築城基地・第8航空団のF-2が6機、那覇基地・第9航空団のF-15が8機、航空救難団のU-125Aが2機、三沢基地・警戒航空隊のE-2Cが2機、そして小牧基地・第1輸送航空隊からはC-130Hが2機とKC-767が1機参加。人員は約460名が参加しています。

グアムで日米豪合同訓練「コープノース」始まるコープノース2018全体会合の様子(Photo:USAF)
グアムで日米豪合同訓練「コープノース」始まる打ち合わせをする航空自衛隊員とアメリカ空軍兵(Photo:USAF)

 訓練では戦闘に関わる訓練のほか、人道支援・災害救援における各国間の連携を高めるための訓練も2月11日〜3月1日(現地時間)の日程で行っています。このところ大規模な自然災害などで、各国の軍が人道支援に駆けつけますが、その際にその場で役割分担するのではなく、事前にコミュニケーションを取っておき、現場に着いてすぐに任務にあたれるよう、合同で訓練してノウハウを蓄積するのが目的です。
グアムで日米豪合同訓練「コープノース」始まる人道支援・災害救援合同訓練を行う各国指揮官と航空自衛隊C-130Hクルー(Photo:USAF)

 人道支援・災害救援合同訓練の舞台は北マリアナ諸島。2月13日(現地時間)、訓練に当たる各国部隊の指揮官が、航空自衛隊第401飛行隊のC-130Hで訓練を行う島々を訪問し、訓練計画の詳細を詰めました。
グアムで日米豪合同訓練「コープノース」始まる人道支援・災害救援合同訓練の打ち合わせを地元自治体と行う各国の指揮官(Photo:USAF)

 コープノース2018は、グアムでの合同訓練は2月14日〜3月2日(現地時間)、人道支援・災害救援合同訓練は2月11日〜3月1日(現地時間)の日程で実施されます。

 Image:USAF

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

ESAの地球観測衛星アイオロス性能確認終了
エアバスA321LR、大西洋横断飛行に成功
カナダ、NATOのAWACSプログラムに復帰

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。