体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東京ディズニーランドを10年ぶりに観光して気づいたこと【現地ルポ】

TDRファンでないアラフォーが10年ぶりにディズニーランドに行ったら

乗り物酔いするアトラクション勝手にランキング

1年前に回転系アトラクションにノックアウトされた筆者。久々のTDLで今回心配していたのは、寒さに耐えられるか、夜まで体力が続くか、そして乗り物酔いでダウンしないか、の3つですが、同行者の好みにより、激しめのアトラクションに乗ることになってしまいました。

そこで、個人的体感より、アトラクションに乗った後の乗り物酔い度を比べてみました。

【乗り物酔いするアトラクション勝手にランキング】

殿堂入り:アリスのティーパーティー
第1位:スター・ツアーズ
第2位:スペース・マウンテン
第3位:スプラッシュ・マウンテン
第4位:ビッグサンダー・マウンテン

ティーパーティーは乗らずとも無理だと思ったので殿堂入り。同世代の親戚も軒並み酔ったとのこと。子供の頃は皿をがんがん回していたのですが。

第1位は、「ミッキーのフィルハーマジック」が大丈夫だったので3D系は大丈夫になったようだと甘くみて乗り込んだスター・ツアーズ。画面に加え座席が動くので、本当に乗り物に乗っているよう。う、気持ち悪いと思ってそれ以降は目を瞑っていました。本気で脱出を考えたほどの辛さ。

スペース・マウンテンは暗闇の中を進むため、よりスピードを感じ2位に。スプラッシュ・マウンテンは浮遊感が強めで3位。ビッグサンダー・マウンテンは乗車時間が長めなものの、ずっと外なのがさわやかで4位。2回連続で乗ったらさすがに無茶した感じがありましたが・・・。

TDRファンでないアラフォーが10年ぶりにディズニーランドに行ったら
一度酔ってしまうと、その後軽いアトラクションに乗るのも厳禁です。カートに乗って移動するモンスターズ・インクさえ、方向転換時にガシャンという振動が堪えました。

安心して楽しめたアトラクションは「空飛ぶダンボ」

同行者が「同じ方向に動くので酔わない」と主張し、トライしました。結果、酔わず。暗くなってから開催される、花火や「アナと雪の女王」のプロジェクションマッピングにはファンタジーを感じます。

TDRファンでないアラフォーが10年ぶりにディズニーランドに行ったら

パレードが気づいたら終わってた

夜になってパレードでも観るか!と思ったら既に終わっていました(笑)。イメージと違って意外と早めにスタートするので注意です。

ダルメシアンのカチューシャが流行り

学生のグループは、みなおそろいでグッズのカチューシャやヘアバンドを身に着ける子たちが多かったです。ダルメシアン柄を相当みかけました。同行者によると、服も色味をそろえるとのこと。ちなみに制服でディズニーに行くことを「制服ディズニー」というらしいです。

軽く雪でもOK

雪の日は大人なら絶対却下だと思いますが、その日しか都合がつかないこともあるでしょう。実際に雪の日にTDLに行った経験からいえば、アトラクション間を移動する間は寒いのですが、並ぶときは人が密集しているせいか、そこまで辛くはありませんでした。雪は積もらなければ、雨と同じです。

キャストさんが和風の上品な顔立ちの方が多い

キャストさんは似ている雰囲気の方が多くみられました。皇室を思わせるすっとした目もとで、和を感じるピュアな雰囲気の方が多かったです。もちろん、その日勤務されている方の構成にもよると思うので、個人的な感想になります。

私物で席キープは通用しないことも

私物での席取りは世界の共通認識ではないと聞きます。折畳み傘を置きましたが、見事に外国人の方が座っていました。それ、私のですといったら笑顔で手渡されました。日本の風習を伝えるのもおかしいかと諦めた次第です。

チュロスが細く

久々に食べたくなったシナモンのチュロス。今はミッキーチュロスという名前で310円でした。以前は筒状で太かったのが、ミッキー型になり、体積が減っています。かじると断面がくずれ、ミッキー感は薄め。

350円のホワイトチュロス(ホワイトチョコレートシュガー)とかメロンソーダシュガーがあることにもびっくり! 期間限定メニューもあるみたいで驚きました。

フード類の割高感が緩和

ハングリーベア・レストランではカツカレー980円、チキン&ローストオニオンカレーは780円など思ったより安くてびっくりなフードメニューが。カツはサクサク揚げたてで美味しかったです。朝から動いていたせいもあり、何年かぶりに「大盛にすればよかった」と言葉に出たほど。

同行者も、昔に比べて全体的に割高感が減り、味も美味しくなったと言っていました。

ハングリーベア・レストラン
http://www.tokyodisneyresort.jp/restaurant/detail/str_id:HBR/

おみやげは単価が高い

ペンやメモ帳などはばらまき土産用なのか3点セットで売っているパターンも多いのですが、個人的にはバラ売りを希望いたします。

TDRファンでないアラフォーが10年ぶりにディズニーランドに行ったら
久々のディズニーでは、プリンセスの格好をしてはしゃぎ「プリンセスは走らない!」と注意されている子供がいました。全体的に子供が浮かれてる感じが伝わってきて、ああ、たまにはいいものだなと思いました。

[All photos by Shio Narumi]
東京ディズニーランドを10年ぶりに観光して気づいたこと【現地ルポ】

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy