体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

電気も水も自給できる卵型ミニハウス「Ecocapsule」はスマホで照明操作も

Techableではさまざまな意匠をこらしたトレーラーハウスを紹介してきたが、今回取り上げるのは、設置型のミニハウス「Ecocapsule」。

なんと、電気は搭載のソーラーパネルと風力による発電で賄い、水は雨水をためて濾過して使うという、究極のエコハウスだ。

・大人2人用ベッド

全体的に丸みを帯びているEcocapsuleは、遠目にみると巨大な卵。しかし、スライド式のドアを開けると、そこに居住空間が広がる。

広げると大人2人が寝られるベッドがあり、その近くには折りたたみ式の机も。延べ面積は8.2平方メートルと決して広くはないが、キッチン、シャワー、トイレもついている。

・エコ発電でバッテリー蓄電

このミニハウスの最大の特徴はエコであること。屋根にはソーラーパネル(最大出力880W)がついていて、小さな風力発電装置(同750W)も備わっている。これらを使って発電してバッテリーに蓄電しておき、照明や空調などに必要な電力を賄う。

また、シャワーなど生活に使う水は、基本的に雨水を活用する。雨水をタンクにため、フィルターでろ過する仕組みで、川や湖の水をタンクに直接そそぐのもありだ。なお、トイレは水洗ではなく、コンポスティングタイプ。

・タンクの水量はスマホで確認

シンプルながら、Ecocapsuleはモバイル端末(iOS、Android)と連動するというテクノロジーも搭載していて、どれくらい電力をつかったのか、タンクにどれくらい水があるかなどをアプリで確認できる。照明や換気などのシステムをコントロールできるのも便利そうだ。

Ecocapsuleは現在プレオーダーを受け付けていて、価格は7万9900ユーロ(約1065万円)となっている。

Ecocapsule

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。