体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【話題】お部屋がサンゴ礁に。仏アーティストが生み出す美しいペーパーアート

お部屋がサンゴ礁に。仏アーティストが生み出すペーパーアート
(c)mlle hipolyte / photographer:Pierre Chivoret from la photographerie

フランス人アーティストが作り上げたアートが、ひたすら美しいと話題を呼んでいます。まるで部屋にサンゴ礁があらわれたようなその作品をご紹介させてください。

お部屋がサンゴ礁に。仏アーティストが生み出すペーパーアート
(c)mlle hipolyte / photographer:Pierre Chivoret from la photographerie

サンゴ礁をあしらったペーパーアート「Coralium」

お部屋がサンゴ礁に。仏アーティストが生み出すペーパーアート
(c)mlle hipolyte / photographer:Pierre Chivoret from la photographerie

その話題を呼んでいる作品とは、この「Coralium」。サンゴ礁をモチーフとしているだけあり、非常にカラフルですね。殺風景な部屋が、あっという間に美しい熱帯の海底になりました。

お部屋がサンゴ礁に。仏アーティストが生み出すペーパーアート
(c)mlle hipolyte / photographer:Pierre Chivoret from la photographerie

全貌は、このようなイメージです。様々な色をあしらっているのに、しっかりと調和していますね。うるささが全くありません。

お部屋がサンゴ礁に。仏アーティストが生み出すペーパーアート
(c)mlle hipolyte / photographer:Pierre Chivoret from la photographerie

近寄ってみてみると、細部までしっかり作りこまれていることが分かります。このサンゴ礁が、普通の色紙を手作業でカットし、組み合わされたものだと信じられますか?

お部屋がサンゴ礁に。仏アーティストが生み出すペーパーアート
(c)mlle hipolyte / photographer:Pierre Chivoret from la photographerie

サイズは横2メートル、縦1メートルの大作。完成まで4か月もかかっているそうです。
では一体、この素晴らしい作品を生み出したのはどんなアーティストなのでしょうか。

【話題】お部屋がサンゴ礁に。仏アーティストが生み出す美しいペーパーアート
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy