体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

赤外線熱で乾かすドライヤー「Volo Go」はコードレスで髪に優しい

掃除機がコードレスなら、ドライヤーだって。そんな発想で開発されたバッテリー式のドライヤーが「Volo Go」だ。

コンセントにつながなくても使え、しかも910グラムと軽い。加えて、赤外線で髪を乾かすので髪を傷めないという嬉しいおまけ付きだ。

・バッテリーで14分作動

掃除機やイヤホンからわかるように、多くの電化製品でワイヤレスが主流となりつつある。それはそうだろう、基本的にケーブルの類は少ない方が邪魔にならないのだから。

Volo Goも毎日のヘアブローシーンをすっきりとしてくれる。コンセントにつながれることなく、使用範囲も限定されない。コンセントから離れたソファに座りながら、あるいはベランダで外を眺めながらでも使えるわけだ。

気になるパワーはというと、美容院で使われているドライヤーと同等で、バッテリーは14分持続する。開発元によると、女性が髪を乾かすのにかかる時間は平均7分半とのことで、「十分間に合う」としている。

・髪の中心に熱が届く

また、他のドライヤーと異なり、Volo Goは赤外線熱で髪を乾かす。髪の中心にまで熱が届き、中から乾かせるので通常のドライヤーよりも速く仕上がるとのこと。

また、赤外線熱の方が髪へのダメージが少なく、健康的で美しいな髪を保つのにも役立つという。

Volo Goは、米国カルフォルニアでヘアサロンを経営している個人がスタートアップを立ち上げて開発し、現在特許を申請中だ。

発売は今夏を予定。気になるプライスは「市場に出回っているハイエンドなドライヤーと同価格帯になる」としている。

Volo Go

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。