体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

宇都宮の名物・餃子にとちおとめ、食い倒れのクルマ女子散歩~栃木県 宇都宮編~

▲宇都宮市内から少しクルマを走らせれば、この時期ならではのいちご狩りも楽しめる

▲宇都宮市内から少し車を走らせれば、この時期ならではのいちご狩りも楽しめる

食べて食べて……宇都宮の街を堪能

「美味しい餃子が食べたい!」と思い立った次の日、私は友人を連れて栃木県は宇都宮市に車を走らせた。言わずと知れた、ギョーザの街である。

まずは、宇都宮駅に車を止め、周辺で昼食。焼き餃子と水餃子を注文し、2人でシェアしながら、さっそく2軒をハシゴした。

お腹が満たされたところで、お次はデザート。この時期ならではの楽しみ“いちご狩り”をすべく、鹿沼に向かった。雪が少し残る道を慎重に走らせ、30分ほどで到着。

広大なビニールハウスの中には、ところどころまだ白い実をつけた「とちおとめ」が。摘み方の説明を受け、いざスタートだ。

実はとても甘く、練乳なしでも十分に美味しい。店頭には並ばないであろういびつな形の“オバケいちご”を狙いながら、30分間、夢中で食べつくした。思わずお土産のパックを買ってしまうほど、飽きない甘さのいちごだった。

夕食にまた餃子を食べることは決まっていたが、さすがに満腹なので、お腹を空かせる意味でも少し観光をすることに。20分ほど車を走らせ、「大谷資料館」に立ち寄った。

ここは、採掘場を利用した資料館だが、その神秘的な空間から、数々の映画やミュージックビデオの舞台としても知られている。新車の発表会などにも使われたこともあるそうだ。

この日の坑内気温は1度。冷たい空気に日本とは思えない独特の雰囲気。中にいる間はスマートフォンの電波も途絶え、まさに「非日常」の空間である。予想外にリフレッシュすることができた。

外に出るころには、空は夕焼け。本日3軒目の餃子店で、締め。

▲散歩した車:ホンダ N-WGN(現行型)

▲散歩した車:ホンダ N-WGN(現行型)

<今回散歩したルート>

【関連リンク】

この車を探してみるtext&photo/編集部 井上恵利

関連記事リンク(外部サイト)

この車を探してみる

日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。