体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Googleが高速機械学習ユニット「Cloud TPU」のベータ版を公開!年内にはペタフロップス級を処理する「TPUポッド」も

パーソナルアシスタント開発からガンの治療まで、企業や研究機関でのAIの活用が加速しているが、高度な機械学習を実行する際には、マシンパワーがボトルネックとなっている。

従来、数日~数週間かかっていた機械学習タスクが一晩で完了し、おまけに複雑な設定やマシンの導入・保守コストが削減できたらそんな素晴らしいことはないだろう。

GoogleがGoogle Cloud Platform(GCP)上でベータ版を公開した「Cloud TPU」は、これを可能にするかもしれない。

・180TFlopsの機械学習アクセラレーターをクラウドで

Googleは、2016年に第一世代のTPUを発表して以来、これの公開に向けて準備を進めてきた。

当初、機械学習モデルを適用して結果を得る「推論」のみに用いられたTPUは、2017年発表の第二世代では機械学習モデルを作成する「トレーニング」にも対応し、1ユニットあたり180TFlops(テラフロップス:180兆回/1秒の浮動小数点演算)の高速演算が可能となっている。

今回のパブリックベータ版提供開始により、機械学習をより高速に実行したいと考える研究者は強力なツールを得たことになるだろう。

さらに年内には、独自の超高速ネットワークを介することで、PFlops(ペタフロップス:1000兆回/1秒の浮動小数点演算)級の機械学習向けスーパーコンピューター「TPUポッド」として利用できるようになるようだ。

・TPUポッドでは1日のトレーニング時間が30分未満に

Cloud TPUを活用すれば、従来必須だった、マシンやネットワークの設定やプログラミングのための高度な専門知識習得も、案件によってはショートカットできる。サーバーへのドライバーのインストールも不要だし、高額な初期費用や保守費用も発生しない。

画像分類モデルの「ResNet-50」や機械翻訳モデルの「Transformer」などを実装しており、リファレンスを活用することで、すぐにでも機械学習が始められる。

ちなみに、TPUポッドが利用可能になれば、ResNet-50とTransformerで、約1日かかっていたトレーニング時間が30分未満に短縮されるようだ。

現在Cloud TPUは、ベータ版利用の申し込みをすることで、1ユニットあたり1時間6.5ドル(約690円)で利用可能となる。

参照元:Cloud TPU machine learning accelerators now available in beta/Google Cloud Platform Blog
参照元:Google Boots Up Tensor Processors On Its Cloud/The Next Platform

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。