体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ESAの地球観測衛星アイオロス性能確認終了

ESAの地球観測衛星アイオロス性能確認終了

 2018年2月12日(現地時間)、ESA(欧州宇宙機関)の地球観測衛星アイオロス(Aeolus)がベルギーのリエージュでの性能確認試験に合格し、最終試験の行われるフランスのトゥールーズへと移動しました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 アイオロスは地球の風の状態を観測する、重量1.4トンの人工衛星。「アラジン」と呼ばれる紫外線レーザーと直径1.5mの望遠鏡を使った測定装置(ドップラーライダー)を使い、地球上の風速や吹いている高度などを測定します。得られたデータは天気予報に使われるほか、地球大気の構造や動きを詳しく調べるために利用されます。
ESAの地球観測衛星アイオロス性能確認終了ESAの地球観測衛星アイオロス(Copyright:Airbus2018)

 地球周回高度は320km。1日に地球を15周し、2時間ごとに測定データを送信します。同じ場所を通るのは7日に1度(111周回ごと)。つまり週ごとの風観測データが得られるという形になります。
ESAの地球観測衛星アイオロス性能確認終了アイオロスの観測イメージ(画像:ESA)

 アイオロスはトゥールーズでの最終試験をクリアしたのち、打ち上げ場所であるフランス領ギアナに移動し、今年の夏にベガロケットで打ち上げられる予定です。

 Image:(c) Airbus 2018/ESA

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

エアバスA321LR、大西洋横断飛行に成功
カナダ、NATOのAWACSプログラムに復帰
自衛隊も参加・多国間訓練「コブラゴールド」もうひとつの重要任務

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。