体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

案内役は「真面目な」関智一 古代オリエント博物館で「家でも聞ける」音声ガイドがスタート

案内役は「真面目な」関智一 古代オリエント博物館で「家でも聞ける」音声ガイドがスタート

 東京・池袋サンシャインシティにある「古代オリエント博物館」で新しいスタイルの音声ガイドが2018年3月1日からスタートします。通常、音声ガイドといえば館内で機器をレンタルし、展示品を見ながら利用して出口で返却するものですが、スマホアプリと連携し「博物館以外でも聞ける」ものになっているといいます。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 1978年の池袋サンシャインシティ街開きと同時に開館した古代オリエント博物館。古代オリエントをテーマとする、日本初の専門博物館です。展示だけでなく古代オリエントに関する研究調査も行っており、これまでにシリアやウズベキスタンなどで遺跡の発掘調査なども実施しています。

 古代オリエント博物館の新しい音声ガイドは、株式会社MEBUKUが運営するスマートフォン用音声ガイドアプリ「Pokke」と連携しています。アプリ内で音声ガイド(税込600円)を購入し、ダウンロードすることで利用できるようになります。スマートフォンにガイドをダウンロードすることで、館内に限らずいつでもどこでも音声ガイドを聞くことができるというわけ。

 このため、来館前に「予習」として聞くこともできるし、行った後にもう一度聞きなおすことも可能。また、ガイド単体を楽しむこともできます。音声ガイドのナビゲーターを担当しているのは「機動武闘伝Gガンダム」ドモン・カッシュ役、「ドラえもん」スネ夫役、「PSYCHO-PASS サイコパス」狡噛慎也役などで知られる、声優の関智一さん。関さんからは以下のようなコメントが届いています。

 「今回は真面目な気持ちで読ませていただきました。普段はあまり真面目な態度を見せないので、真面目に読んでるなぁという気分で楽しんで頂ければ嬉しいです。古代オリエントの世界は歴史が古いので、現代に繋がる色々なモノのルーツが垣間見えるというのは楽しいですよね。当たり前に使っているものが、どういう理由で生まれたのかとか。全ては分かっていなくても、現状分かっていることの知識が得られますので。それを踏まえて、普段の日常を送るのも楽しいのかなぁって思えました。ぜひ、会場に足を運んで音声ガイドを楽しんでください」

 正式配信は3月1日からですが、2月14日〜2月28日までは先行配信期間として、通常税込600円のところ税込480円というお得な価格で配信しています。

古代オリエント博物館

◆場所
東京都豊島区東池袋3-1-4 サンシャインシティ文化会館7階

◆入館料
【一般】:600円
【大・高校生】:500円
【中・小学生】:200円

◆開館時間
午前10:00~午後5:00(入館は午後4:30)

画像:古代オリエント博物館

(咲村珠樹) 

関連記事リンク(外部サイト)

日本一高いビルの最頂端部を歩くアトラクション あべのハルカスにオープン!
「ロボット は なかまを よんだ!」ボストン・ダイナミクスの新ロボット動画は連携プレイ
新会社「LINE Financial株式会社」設立 仮想通貨など金融事業領域を強化

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。