体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「入社1年目。上司の厳しいマネジメントに耐えるしかないのか?」【シゴト悩み相談室】

キャリアの構築過程においては体力的にもメンタル的にもタフな場面が多く、悩みや不安を一人で抱えてしまう人も多いようです。そんな若手ビジネスパーソンのお悩みを、人事歴20年、心理学にも明るい曽和利光さんが、温かくも厳しく受け止めます!

f:id:itorikoitoriko:20180216142346j:plain

曽和利光さん

株式会社人材研究所・代表取締役社長。1995年、京都大学教育学部教育心理学科卒業後、リクルートで人事コンサルタント、採用グループのゼネラルマネージャー等を経験。その後、ライフネット生命、オープンハウスで人事部門責任者を務める。2011年に人事・採用コンサルティングや教育研修などを手掛ける人材研究所を設立。『「ネットワーク採用」とは何か』(労務行政)、『悪人の作った会社はなぜ伸びるのか? 人事のプロによる逆説のマネジメント』(星海社新書)など著書多数。

CASE21:「上司の厳しいマネジメントについていけない…」(24歳男性・広告代理店勤務)

<相談内容>

新卒入社1年目です。営業としての基本を早く覚えて一人前にならなければと思うのですが、上司のマネジメントが厳しすぎて、ついていけません。

上司は28歳。社内でも有名な熱血漢で、メンバー一人ひとりを精魂込めて育てようとしてくれているのだと感じるのですが…毎朝、その日の行動予定をすべて報告し、帰社後はみっちり1時間振り返り。計画通りに動けていなかったり商談内容がイマイチだったりすると、厳しく指導されます。そして一からロープレのやり直し…。

1年目ですし、どんどん仕事を覚えて成長しなければならないのはわかりますが、毎日の上司とのやり取りが憂鬱です。少しでも状況を変える方法はあるのでしょうか?それとも耐えるしかないのでしょうか?(広告代理店・営業職)

f:id:itorikoitoriko:20180216142340j:plain

マイクロマネジメントは新人教育のセオリーの一つであり、成長のために必要な第一歩

相談者の上司のように、部下の一挙手一投足まで細かく管理するマネジメント方法のことを、人事用語で「マイクロマネジメント」と呼びます。過干渉マネジメントとも呼ばれ、あまりいいイメージをもたれませんが、新人を育てる方法としては理に叶っており、新人教育の原理原則とも言えます。

自由を謳歌した学生時代からガラリと環境が変わり、上司に毎日ものすごく縛られ、不自由を強いられていると感じるかもしれません。でも、これは後々の成長のための第一歩。英会話を習得するために、まずは英単語や文法をひたすら覚えたり、野球がうまくなるためにまずは素振りを何度も繰り返したりするのと同じなのです。

ビジネスや仕事に重要な言葉に「守破離」があります。師匠から教えられた型を「守」り、それを自分のものにする過程で少しずつ改善を加えて師匠の型を「破」り、自分のスタイルが確立できたら師匠の型から「離」れて自由になる…この段階を踏んでこそ、一人前になれるという考え方です。

つまり、上司は今、あなたに守破離の「守」を伝授してくれているのです。型を取得すれば、早晩自由が見えてきます。まずはこの「守」に全力を注ぐことが、現状打破の近道と言えます。

自由が欲しいならば、「それが必要である理由」とともに真剣に訴えてみよう

f:id:itorikoitoriko:20180216142343j:plain
1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。